小林隆のひとりごと:小林隆 ダイアリー

 
トップページ
 
ダイアリー
メモリーズ
インフォメーション
投稿広場
プロフィール
 
 
2006.05.31
 新選組!気分
 
2006.05.29
 冷蔵庫が大変だ!
 
2006.05.28
 星空の思い出 ~その1~
 
2006.05.26
 渋谷の街
小林隆のひとりごと
小林隆のダイアリー
2006年05月31日
 新選組!気分

 おとといの晩は『新選組!』の飲み会、
 そして今日はかつら合わせのため京都・太秦へ。

 京都駅から嵯峨野線に乗ると急に高ぶってきた。
 壬生の屯所・八木邸、前川邸が近くにあるぞ・・・
 もう少し行くと二条城だ・・・
 
 撮影は京都でやったわけではないけど、
 五年間、確かにここで活動した!みたいな気持ちなのかな・・・
 胸が高鳴るというか、なんだろう、不思議だ。

 バスツアー、飲み会、そして京都・・・
 5月はどっぷり新選組!気分に浸かった。

 
 
 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月29日
 冷蔵庫が大変だ!

 我が家の冷蔵庫が大変だ!
 昨夜、氷のできがいつもより遅いなとは思っていた。
 今朝起きてみると、まだできてない。
 できていた氷も表面がべちゃべちゃ。
 冷凍室がイカれた!
 冷蔵室は大丈夫だろうな・・・
 冷たくない・・・こっちもやられた!

 思えば16年働き通しだったもんな、無理もないか。
 近頃、音がうるさいなと感じてはいた。
 悲鳴をあげてたんだな。
 寿命だろう。

 量販店にすっ飛んで買いに行く。
 今日は無理だが明日の午後届けてもらうことにした。

 出かける前にトンだ大騒ぎ。 
 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月28日
 星空の思い出 ~その1~

朝刊に北海道・旭川の記事が載っていた。
 「就実の丘」は丘陵風景や夜の星空が美しいと・・・

 星空といえば伊豆・弓ヶ浜。
 2000年の夏の家族旅行。

 着いた日の夜、温泉に浸かってから、
 ビールを飲みながらおいしい料理を食べる。
 やっぱこれだーね、旅は。
 数時間の運転に疲れた身体にビールがまわり、早めに就寝。
 寝る前は、普通に星が出ていた。

 家族も寝静まった深夜0時過ぎ、部屋の電話が鳴る。
 受話器を取るとガードマンの声、
 ‘お宅の車の室内灯がついたままですが・・・‘

 起きて外の駐車場へ向かう。
 ホントだ。あぶねえ、あぶねえ、バッテリーがあがるとこだった。
 フー、助かった。ガードマンさんありがとう。

 部屋に戻ろうとした時、地面が濡れていることに気付いた。
 ぐっすり眠ってたからわからなかったけど、
 ザーッと一雨来たんだな。

 夜空を見上げる。

 満天の星!

 星ってこんなにあるの? プラネタリウムみたいだ・・・・・・・・・・・・・・・

 
 あの時の感動は忘れられない。

 夕立のような強い雨が大気の汚れを洗い流してくれたんだろう。
 

 口を開けたまましばらく星空を眺めていた。


 首都圏に近いところでこんな星空が拝めるとは思わなかった。
 聞けばこのあたりは東日本でも有数の天体スポットなんだそうだ。

 
 伊豆・弓ヶ浜、また是非訪れたい。

 そしてちょっと遠いけど、旭川の‘就実の丘‘も
 行ってみたい旅行先候補地にランクイン!
 
 

 
 
 

 

 
 

 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月26日
 渋谷の街

 台本を取りに事務所へ。

 JR渋谷駅から道玄坂を上って行く。

 渋谷はやはり人が多い。

 歩く速さは俺が一番。

 早くこの雑踏から抜け出したいという気持ちの表れだと思う。

 でも何かせかせかしててやだな。

 今度はだれよりものんびり歩いてみよう。

 まわりを観察しながら。

 変なおじさんに思われちゃうかな。

 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月25日
 五月晴れ

 貴重な晴天だと思い、地元の街中へ歩いて出た。
 
 一番の繁華街でも渋谷や新宿に比べれば
 人も多くないし、歩く速さものんびりしている。

 デパートにはいると‘万華鏡‘フェアをやっていた。
 しばし見入る。いいなぁと思うのがいくつかあった。
 でも買わなかった。

 5階の展示場では‘北海道物産展‘をやっていた。
 かに、いくら、ほっけ・・・うまそうだった。
 でも買わなかった。

 本を数冊買って帰る。

 地元はのんびりできるなぁ・・・

 最近、のんびりしすぎの感もある。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月21日
 久々の晴天のち夕立、そして・・・

 日野~組めぐりバスツアー 5月20日
 2歳から64歳まで総勢29名。
 特別参加・井上源三郎資料館館長、井上雅雄氏。
 
 晴れてくれた。
 暑かったが、皆さん今頃バテてはいないだろうか?

 石田寺で土方歳三の墓参。
 ついこの間まで生きていた人のように感じた。

 土方歳三資料館では歳三の子孫・土方陽子さんがあたたかく迎えてくださった。
 榎本武揚の書に染み入った。

    風 清 徂 室 入      (だったと思う)

 榎本が生前の歳三の印象を表現したもので、
 ‘彼が部屋にはいってくるとまるで爽やかな風が吹くようだ‘
 という意味だそうだ。

 高幡不動尊でもお参りをしてから 「池田屋」 にて昼食。
 みんなで井上源三郎丼を食べる。
 ネギトロ丼にミニうどんのセット。
 ご主人の峯岸さんが新選組の装束で出迎えてくださった。

 日野ふるさと歴史館で幕末時の日野の状況を学ぶ。

 そして宝泉寺。源三郎に香華を手向ける。
 『新選組!』撮影前と撮影中の命日と二度参ったが、終了後は初めてだ。
 遅くなりました!

 日野宿本陣では佐藤彦五郎の新選組への影響力の大きさがわかった。
 俺のイメージをはるかに超える存在感があった人なのだった。勉強不足!

 本陣を出たら夕立が!

 強い風雨の中、行程のラストを飾る井上源三郎資料館に到着。
 井上さんの奥様と娘さんが大歓迎をしてくださった。
 これまで源三郎はあまり剣術が得意でないみたいに描かれていたのは
 天然理心流剣術免許が発見されたのが昭和も40年くらい経ってからのことだったからだ。
 司馬遼太郎が「燃えよ剣」を書いたあとだったようだ。
 なるほど。
 源三郎の兄・松五郎の存在も彦五郎さん同様とても大きなものだった。

 当日ガイド役を務めてくださった井上雅雄さんともここでお別れ。
 井上さん、奥様、娘さんはバスが見えなくなるまで手を振って見送ってくださった。

 帰路につく。
 雨もあがり、晴れ上がる。
 誰かの声がする、
 ‘虹だ!‘
 晴れ渡った夕空に虹がかかっていた。

 後援会初のバスツアー、参加の皆さんが何を感じ、どのように思ったかわからないが
 自分にとってはとても楽しく、そして有意義だった。
 それと、井上源三郎の血を引く井上雅雄さんと一日行動を共にすることができたこと、
 一生の思い出になるだろう。
 参加してくれた後援会の皆さん、どうもありがとう。
 支えてくれたスタッフの皆さん、どうもありがとう。 
 
      

  
      
 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月19日
 あした天気になあれ

 明日がとっても楽しみだ。
 朝早いからもう寝よう。
                 23時59分
  

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月18日
 チキンラーメン

 ときどき無性に食べたくなるものがある。
 チキンラーメンがその一つだ。
 あのしょっぱさがたまらない。
 
 昨夜なかなか寝付けず腹もへったのでチキンラーメンを作って食べた。
 深夜0時過ぎにだ!
 あれほど夜の炭水化物は控えようって気をつけてたのに。
 鍋でしっかり煮込んで食べた。
 最後の理性がそうさせた。
 せめて少しでも胃に優しくという理念だろう。
 
 うまかった。ものすごくうまかった。
 後悔なんかしていない。あれだけうまかったんだから。
 ただ、あれはどうだろう?
 実は・・・・・・・・・・・・・・ ・ ・ ・ ・ ・  ・  ・  ・   ・   ・   ・   ・   ・ 卵も落とした。   
   
 
 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月15日
余韻

 昨日の舞台の余韻がまだ残っている。
 一日中‘月の砂漠‘を口ずさんでいた。

 残念なのは千秋楽にもかかわらずかなり空席があったこと。
 いい芝居は多くの人に観てほしい。
 伊丹、可児、盛岡、富士見公演では劇場が満杯になればいいなと思う。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月14日
月の砂漠

 青年団第50回公演 『上野動物園再々々襲撃』 を紀伊国屋サザンシアターで拝見。
 千秋楽。
 緻密な演出と丁寧な演技に引き込まれた。
 青年団と旧金杉アソシエーツの演技陣のアンサンブルが絶妙だった。
 そしてラストの月の砂漠をうたいながらのシーンではこぼれる涙が止まらなかった。
 泣けた。心に滲みるとてもいい舞台だった。
 月の砂漠が脳裏から離れない。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月11日
 梅雨の走り?

 
 ぐずついた天気が続いている。
 梅雨の走りというのか、走り梅雨というのか・・・
 このまま梅雨へ突入なんてやだな。
 五月なんだからスカーッと晴れてくれないと。
 六月は我慢するからさ。
 お願い!

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月10日
 古武士!

 今日、池袋で電車から降りようとしたら肩をたたくひとがいる。
 振り向くと林邦史朗さんだった。
 大河ドラマの殺陣武術指導を40年以上も続けてらっしゃる方だ。
 大変お世話になった。道場にも何度通ったことか・・・楽しかった。
 やっぱり‘男の子‘なんだなあ、チャンバラが好きなんだね。
 殺陣のプロ集団、若駒の有段者のみが集まる林さんの本部道場にも
 何回か参加したこともあった。
 さすがに厳しかった。
 剣術に限らず、柔術の受身やら、空手の型とか、いろいろ経験できた。
 夏の暑い盛りだったから大汗でぐっしょり・・・
 終わってぐったりしてるところへおかみさんが持ってきてくれた西瓜が嬉しかった。うまかった。
 江戸時代の道場もこんな感じだったんだろうな。
 
 古武士のような林邦史朗さんとまた是非ご一緒したいものだ。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月09日
諏訪湖・・・

 ヨット部の同期から、6月の初めに行われるヨットレースに行かないかとメールが届いた。
 ヨットか・・・・・卒業以来乗ってないんじゃないかなぁ。
 行きたい、でも無理。6月から撮影が始まるから。
 それに日に焼けるわけにいかないしな。
 今回は残念だけど、また機会はあるだろう。
 久々に乗ってみたくもなったし、実現できるタイミングをはかってみよう。
 諏訪湖でヨットかぁ・・・気持ちいいだろうなぁ。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月06日
 エアコンの掃除

 今日は立夏。
 ということでこれから大活躍するに違いないエアコンをきれいにした。
 おぞましいくらいのほこりを吸い取った。
 終わって試運転してみたらほこりのかたまりが飛び散った。

 今年の夏はどんな夏?

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月04日
 すこぶるいい天気

 ベランダに椅子を出してしばらくのんびり
 目をつむって太陽を感じたり
 目をあけて本や雑誌を読んだり 
 心地よい南風が吹いたり
 
 少し日にもやけたり

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月03日
 久々のジョギング

 ここのところ走ってなかった。
 今日久しぶりに河原の近くまで走った。
 足がだいぶ重く感じられた。
 まあしょうがない、徐々にならしていこう。
 でも気持ちよかった。

 いい季節になった。

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月02日
 TRY-TONE (トライトーン)

 今日は八十八夜、立春から数えて八十八日目の日。(いま辞書を引いた)
 八十八夜といえば唱歌 「茶摘」、
 「茶摘」といえばトライトーン。

 去年の舞台 『最悪な人生のためのガイドブック』で共演したアカペラコーラスグループ、
 トライトーンさんからいただいたCD 『にほんのうた~春夏秋冬~』に「茶摘」がはいってる。
 メロディーのバックに ‘ちゃっちゃっちゃっ、茶摘‘とコーラスがはいり、合間に‘新茶~‘とか
 ‘グリーンティー‘とかが何気にはいっていてとっても楽しい。
 洒落たアレンジと優しい歌声が昔懐かしい茶摘の雰囲気を‘今‘によみがえらせてくれた。
 ほかの曲もみんないい。お気に入りのCDだ。
 トライトーンの5人は元気かなあ・・・
 またみんなのコーラスを生で聴きたい!
 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
2006年05月01日
 若葉の頃

 5月の幕が開いた。
 いきなり暑かったなあ。でも望むところだ。
 こんな日は身体を動かして汗をかくに限る。
 必然的に水分をしっかり摂るようになるしメシもうまくなる。
 背が伸びたりして・・・もう無理か・・・腹が出る?いやそれはまずい。
 夜の炭水化物は少し控えめにしよう。

 いつ以来だろう・・・チャップリンの『街の灯』を観た。
 ボクシングのシーンはやっぱりおもしろかったし、
 ラストシーンはやっぱり泣けた。

 緑の季節がやってきた。これからはつつじか・・・
 うーん、飽きないねこの国は!
 今、頭の中では、『小さな恋のメロディー』でビージーズが歌う
 ‘若葉の頃‘ (First of May) が流れてる・・・
 うーん、古いねこの男は!

 

2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月  ページのトップ
  トップページ ダイアリー メモリーズ インフォメーション 投稿広場 プロフィール
本サイトの掲載記事および掲載写真の複製、転載、放送等を禁じます。
Copyright (C)kobasanjp. All Rights Reserved.