小林隆のひとりごと:投稿広場

 
トップページ
 
ダイアリー
メモリーズ
インフォメーション
投稿広場
プロフィール
 
 
2006.02.26
腰痛が・・・
 
2006.02.25
◇ 小林隆・スタッフレポート 200602◇
 
2006.02.25
あ゛~~~(- -;)
 
2006.02.24
小林隆のひとりごと
小林隆 投稿広場
2006年02月27日
お大事にしてください

腰痛は辛いですよね。何をするにも痛いですよね。
腰は「要」だったのね…と、しみじみ実感してしまいますよね。
ぎっくり腰ですか?
それとも、いわゆる「腰痛」でしょうか?
足がしびれたりはしませんか?

介護のお仕事は、身体に負担がかかりますから、できるだけ気をつけているつもりでも、疲れていたり、または、ちょっと気を抜いた時などに「うぐっ」という瞬間があるのですよね。
とにかく「最初」が肝心です。
可能ならお仕事を休んで横になって、できるだけ動かないでいるのが1番の早道だと思うのですが…。
本当は1週間位、それが無理なら、5日間、いや、せめて丸3日間、とにかく必要な時以外は横になっている(海老状態になって)だけでも、快復が早くなります。

でも貴重な若手の由加里さんは(なんとなく、そんな気がするのですが)、お休みしないで頑張っているのでしょうか?
職場の環境等、私にはわかりませんが、できるだけ、周囲の方達にフォローしていただいて、腰に負担がかからないよう「ゆっくり」動くように(というか、ゆっくりしか動けないですよね)してくださいね。
何か持たねばならないのなら、腰を落として「これから持つよ!」と腰に一声かけてから。

「大丈夫!なんとかできます」なんて言わないで、たまには「駄目です!助けて~!」と言ったっていいじゃないですか。
腰痛を甘くみると、一生辛い事になりますから、無理は絶対に禁物ですよぉ!!!

きっと整骨院の先生にも言われている事とは思いますが、以上「ぎっくり腰」経験者からの「おせっかい」、失礼いたしました。

でも、本当にお大事にしてください!
治ったら「イナバウアー」でも「ビールマンスピン」でも挑戦できますから(笑)!

「スタッフレポート2006」を読んで、眼を丸くしてました。
た、楽しそうな企画が…☆…!!!
わあぁぁぁぁぁぁ…♪…!!!
参加したいです…(>v<)…!!!

参加できなかったら、お菓子屋さんやおもちゃやさんの前で、寝転がってジタバタして泣いてるこどもみたいに暴れてしまいそうです!!!

Olive☆

P.S. 由加里さん、「風景」というのは、「詩」のタイトルで「詩集」のタイトルではないです。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月26日
腰痛が・・・

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.
うう・・・。
腰が痛いです。
お年寄りを抱えて移動させた時にやられちゃいました。
つい横着になったんだなぁ。
無理な体勢で抱えちゃった。
職場で腰が痛いことを訴えると
「どうせ、イナバウアー(荒川選手の得意技)でもしよったっちゃろ!」と皆で笑われました。
何それ!「どうせ」って何!?
「違うもん!イナバウアーやろうとした時点で腰の痛かったけん、せんやったもんね!」

と、訳の分からない言い訳をしながら整骨院に行きました。
そういえば、コバさんも木剣の振り過ぎで腰を痛めたって言ってましたよね。
腰が痛いのは辛い~(T_T)
酷い時は歩くのだけでも苦労します。
センセイから通わなきゃ駄目だって言われました。
あの、あまり暇がないんですけど・・・。
一回で治して下さいよぅ(/_<。)

Olive☆さん、残念でしたね!
その番組を私も見たかった。
私は田舎育ちだからか、目だけは良いです。
子供の頃から2.0を保ってます。
確かに便利な時もあるけれど、見えなくても良いものまで見えてしまうのが難点。
見えない方が楽なこともあるんですよねぇ。
近づいてくる人の表情とか・・・細かく見えてしまうから誤魔化しが利かない。
でも道路標識とかを見るのに重宝するのは事実。
なんでも一長一短なのかな。

山村慕鳥・・・「絵」が見えてくる詩って惹かれます。
是非読ませて頂きますね!
                                      由加里
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月25日
◇ 小林隆・スタッフレポート 200602◇

2006年2月25日(土) 小林隆後援会スタッフミーティング開催

2006年度の年間イベント予定を話し合いました。

<会員イベント開催案・時期>
 ①  5月 バス旅行
 ②  8月 水天宮祭花火大会
 ③ 11月 2006 小林隆後援会年末懇親会
 ④  2月 見学会
 ※詳細については後日発表していきます。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月25日
あ゛~~~(- -;)

私は『ど近眼』です。
自宅では眼鏡を使用していますが、外出時はコンタクトを使用します。

今日の午後、ちょっと出かけなければならなかったので、眼鏡をケースにしまってバックの中に入れて、
そして、コンタクトを入れようと洗面所で手を洗っていました。

すると、その時聞こえてきたTVからの音声!!

「土曜ドラマ、マチベンの制作発表の記者会見が…」とかなんとか

「!!!」
コンタクトケースを投げ捨てて、リビングへダッシュ!!!
17日の「投稿広場」で、ひささんが教えてくださった、あのニュースだ!!!

TV画面が全然見えない?!
しまった!!!コンタクトがまだ眼に入ってない!!!
眼鏡を取りに部屋へ戻る時間はない!!!
TV画面に貼り付くようにしてみる!!!
「わぁん!!走査線が邪魔だよぉ!!」
離れると、ぼやけて小林さんが見えない!!!

「えぇぇぇぇ?!」
「ちょっと!!!」
「あ~~~!!!」
と、私が訳のわからない声をあげながらTV画面の前でジタバタしているうちに「マチベン」のニュースは終わってしまいました。
(。。;)
せっかく、久しぶりにTV画面に小林さんが登場したというのに…
うううっ、残念!!!

よく見えませんでしたが、「土曜スタジオパーク」で「マチベン」の記者会見の様子を紹介してたんですね…
出演者が勢ぞろいしていたようです。
ひささんが、投稿してくださったあのニュースの写真と同じだったみたいです。
江角さんと山本さんと沢田さんがコメントを述べていました。

あ~ん!!!
小林さんの姿をはっきりと見ることができませんでしたぁ~~~!!!
TVって、近付き過ぎると、走査線が邪魔で、見えなくなるんですね…
がっかりな午後でした。

由加里さんは中原中也が好きなんですね♪
私は、山村慕鳥の「風景――純銀もざいく」なんかも好きです。
「絵」が見えてくるようで…

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月24日

こんばんは。tomoです。

詩はすごいですね。
ほんの少しの言葉でみなさんの心を動かすことができるんですから・・・
奥が深くて、でも周りを見てみるとすぐそばにあるもの。
それが詩なのかな?と思いました。
(すごく浅はかな考えなのかもしれませんが・・・)

皆さんのおかげで、いろいろなことに気づかされます。
ありがとうございます。
またお邪魔しますね。失礼いたしました。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月24日
詩はいいですね

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.
茨木のり子さんのことは残念ながら知りませんでした。
でもとても心に響く詩だと思いました。
心の奥から力が湧いてくるような・・・!
何かをやれそうな気がしてくる。
「ささ」さんと同じく他の詩も読んでみたいと思います。

短い文章の中に人生を支えてくれるような大きな力を秘めている。
詩って凄いです。
私の場合、詩人といってすぐに思いつくのは中原中也です。
十代後半の頃とても好きでした。
今回、久しぶりに詩集を手にとって読んでみると・・・
当時の空気が蘇ってくる気がして少し切なくなりました。
茨木のり子さんとは関係ありませんが、ちょっと良いでしょうかσ(^_^*;)


『酒場にて』(一部抜粋)

諸君は僕を、「ほがらか」でないといふ。
しかし、そんな定規みたいな「ほがらか」なんぞはおやめなさい。

ほがらかとは、恐らくは、
悲しい時には悲しいだけ
悲しんでられることでせう?

されば今晩かなしげに、かうして沈んでいる僕が、
輝き出でる時もある。


あの頃に比べると今の私は日々鈍感になっていって
随分生きやすくなったけど
ほがらかに悲しむのってまだなかなか難しい。
この詩の「僕は僕が輝けるやうに生きてゐた」というラストの一文が好きです。
私もそう生きたい。
                                由加里
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月23日
自分の感受性くらい

私が、初めて茨木のり子さんの詩を読んだのは
「自分の感受性くらい」
で、すでに立派な(???)おとなになってからでした。

その時、思い切り
パ―――――――――――ンチ!!!
をくらった気持ちになったのを覚えています。

吹いてくる風の中
風に向かって
顎を少し上げて
口元をきりりと結んで
前をみつめて
背筋を伸ばして
真っ直ぐに立っている

そんなイメージが浮かんで
女性としても、人間としても「こんな風に生きる事ができるのなら」
とあこがれたのも覚えています。

けれども、喉元過ぎれば何とやら…
「のほほ~ん」と「のんべんだらり」と過ぎてゆく毎日…

先日の訃報と「ダイアリー」と「投稿広場」を読んで
改めて、きちんと手に取ってみようか…という気持ちになりました。

小林さんや桜ねこさんにとって
「落ち込んだとき、くじけそうになったときそこに帰ればホッとできる場所」
それが茨木さんの「詩の世界」なのですね。

それにしても、桜ねこさんが「小学生の頃に出会って、惹きこまれて」というのには、驚かされてしまいました。
たとえ私が小学生の頃、この詩を読んでいたとしても「何か」を感じ取ることができたかどうか…
それから、メールをくれたという親友の話(:_;)
とても、いい方なんですね。
でも、きっと、その方にとっても、桜ねこさんは、とてもとても大切な親友なのですね。
“じわじわ~ん”と心に沁みてくる話です。

「ささ」さんの投稿も繰り返し読みました。
「ささ」さんの言葉に、私の心が何か反応しているのを感じます。
「願ってもいいのかなと気持ちがなんかふわっとしました。」
というのは、何かから解き放たれた感じなのでしょうか?

しばらく忘れていた茨木さんについて思い出させてくれた小林さん、桜ねこさん、「ささ」さん
ありがとうございます。

『倚りかからず』に生きていくのは本当に難しい(私はいつも倚りかかっているし)
でも『自分の感受性くらい』自分で守れなければ…
誰かや何かのせいにしてしまうのでなく。

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月22日
茨木のり子さん

茨木のり子さんという方を私は知りませんでした。
もちろん 小林さんが読む機会をくださらなかったら
この方の詩にも出会えませんでした。
今はじめて知ったのに、なんだかずっと前から待っていた言葉のようです。

普通に生活しようとして、普通でいなければならないと思って、
たくさんの我慢をきっと重ねている毎日で・・・
強い願い、私にもたくさんあるのに「身の丈を知らなくちゃ」「私には無理」
そう無意識に言い聞かせて自分の中にしまいこんでいました。
だけど成功している人を見ると羨んでしまったりして。

願わないことが、我慢することが美徳ではないんですね。
もっと強く願おう!
願ってもいいのかなと気持ちがなんかふわっとしました。

詩の感想文のようになってしまいましたが・・・・
今この時に、この詩に出会えてありがたく思います。
小林さん ありがとうございます。
小林さんと感じ方は違うかもしれませんが、他の詩も読んでみたいと思います。

ささ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月21日
訃報に・・・

「落ち込んだとき、くじけそうになったとき、
そこに帰ればホッとできる場所」
……茨木のり子さんの詩は、私にとってもそういう大切な拠り所でした。

茨木さんは、私の祖母と同い年です。
小学生の頃に『自分の感受性くらい』に出会って以来惹きこまれて、大学時代はしょっちゅう講義をさぼっては図書館へ入り浸り、もう絶版になっていて手に入らない昔の詩集を探し集めては、ノートに書き写していました。
『根府川の海』、『聴く力』も好きな詩です。
訃報が朝刊に載った日、早起きした親友がメールをくれました。
「あなたが新聞やニュースを見るよりも前に、どうしても知らせておきたかった」と。
彼女の思いやりのおかげで、敬愛するひとに一度も会えないまま旅立たれてしまった寂しさが、独りぼっちにならずにすみました。
小林さんの日記に、涙があふれました。
もしもいつかお会いできる機会があったら、好きな詩の話を聞かせてください。


  桜ねこ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月20日
古本のこと

こんにちは。
小林隆さんの密かなファンです。
今日の日記で古本屋さんへ行かれたことが書いてあったので
おせっかいとは思いますが、メールさせて頂きました。

仕事柄古書を探す事もあるのですが、
ここのサイトが便利ですよ~。
http://www.kosho.or.jp/

検索してもしみつかれば、その書店さんにメールでオーダーできますし、
全国の古書店から探せるので便利です。
足で探すのも楽しいと思いますが、お急ぎのときやどうしても欲しいものがあるとき

本当に便利です。

良かったら見てみてくださいね。

小林さんの日記、毎日楽しみにしています。
毎日書いてくださる俳優さん、なかなかいないですよね。
ほんの一言でもいいので、楽しみにしているファンのため、
小林さんの事お知らせくださいね。

では、これからもがんばってください。
応援しています☆

サマンサ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月20日
私も時々出掛けます。

最近、時間があると古畑任三郎のDVDを流しています。
もう、ソラで台詞を言えそうです。ウソですww
個人的には今泉慎太郎のほうが好きなのですが、DVDが行方不明で・・・。
どちらにしても向島巡査は活躍しているので結果オーライです♪

神田の古書店街へは私も時々出掛けます。
私の行くところは固定されていますが、
どの店も独自の雰囲気がありますよね♪
最近ではネットで買ってしまうこともあるのですが、
時間を見つけて神田まで足を運んで本を手にしていると、楽しいです☆
ついつい余計な本まで買ってしまって、
重かったり、置き場に困ったりするのですが^^


春になりました。
私の周りでも新生活に向けて友人が準備を始めています。
早く新しいドラマと桜が見たいです♪


石垣

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月19日
知りませんでした~♪

知らなかったことがまた色々と…♪

◆その1  「メモリーズ」
きゃあ~~~~~!!!おっきな源さんが、また増えてるぅぅぅ(≧∀≦)
嬉しい~~~~~!!!いつから増えてたのですか?!
「源さん」ファンから「小林さん」ファンになって、このサイトに年がら年中来ているというのに、何故か、気が付かない私(^_^;)
どうしてかって…「メモリーズ」のページを開くと『腑抜け』になってしまうからなんですよねぇ…あはは~!
開くと閉じられなくなってしまうもんで、「あんまり開けちゃいけない!」って自分を戒めてる(笑)
またまた、かっこよくて、おっきな源さんが増えちゃって、嬉しくてど~しよ~♪浮かれてる~♪♪♪

◆その2  「おでん屋のおやじ」
「笑の大学」は舞台も映画も見てはいませんが、三谷さんの作品で、舞台や映画よりも、ラジオドラマ(三宅裕司、坂東八十助→現三津五郎)が最初だったという事は知識としては知っていました。
でも、あの作品は「二人芝居」だとばっかり思っていました。
舞台と映画はそうなのでしょうが、ラジオでは「おでん屋のおやじ」役で小林さんが出演してらしたとは…?!全く、ちっとも、全然、まるっきり、知りませんでした!!
役所さんの台詞の中に「おでん屋のおやじ」についての台詞が出てくるのですね?!
う~ん、聴いてみたい!いや、観てみたい!ですね(笑)
また、レンタルしなけりゃならないDVDが増えてしまった!
Rickyさん、面白い情報を、ありがとうございます!!

でも、ラジオドラマでは、なにも残ってないのでしょうか?CD化はされてないのですよねぇ。私は、これまで発見できていませんが、どなたか「売ってたよ!」なんて、情報を御存知の方はいらっしゃいませんか~?

「運命の交差」…なんだか、素敵な響きがしますね。ちょっと「オーラの泉」を思い出してしまいますが、「出会うべき時」というのがあるのかもしれませんね。
私も、ファン歴は浅いので、小林さんの作品は片手でも余る位しか観ていません。
ですから
「あ~、あれも観てない、え~、これも観てない」
「これ、知らなかった、うぅぅ、これも知らない」
という事だらけです。
けれど、これから観る楽しみ、これから知る楽しみがたくさんある♪という事でもあるのですよね!
カエル1号さんの投稿を読んで、なんか「前向き」な気分になってきました!
ありがとうございます!

よ~し!
それじゃ、また、おっきな源さんに会って「明日の活力」をもらってこよ~っと♪

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月19日
「その時」「運命の交差」

こんにちは、初めまして。
いつも小林さんの日々の「ひとりごと」と
皆様の投稿を楽しく拝見させて頂いております。

私はもしかすると
この中で一番ファン歴が浅いのではないかと思われます。
小林隆さんという存在を初めて知ったのが
今年のお正月の「古畑任三郎」だったのです。
イチローさん目当てでたまたま見たドラマの中で
「お兄さんの向島くん」という登場人物に惹かれてしまい
それを演じているこの俳優さんはどういう人なのか
とインターネット等で調べていくうちに
こちらのサイトへと辿り着き
気が付けば後援会へ入会申込をあっという間に済ませてしまっていました。
それ程まで惹かれてしまったというのに
どうして今の今まで気が付かなかったのか。
出演作品一覧を拝見して見たことのある作品名を見るにつけ
後悔先に立たずという言葉が浮かんでしまいます。
でもきっと過去にその作品を見た当時は
「その時」ではなかったのでしょう。
それでもこうしてかなり遅ればせながらも
小林さんの事を知ることが出来て嬉しいです。
これも一種の「運命の交差」なのかなと
少し大げさな事を思いつつも
過去の出演作品を拝見させて頂いている毎日です。
これからの御活躍も楽しみにしています。
まずは4月からのドラマですね。
制作発表の御様子をインターネットや新聞などで拝見し
期待に胸が膨らんでおります。

それでは、この辺にて。
長々と失礼致しました。

カエル1号 拝

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月18日
おでん屋のおやじ

みなさん、「笑の大学」ってご覧になられたことありますか?
私は映画版を見ました。
この「笑の大学」には、ラジオ版、舞台版、映画版とあり
最も有名なのは、西村雅彦さんと小林芳正さんの舞台版だと思われます。

では、我らがこばさんが、この「笑の大学」に出演していたことご存知でしょうか?

え?出てないよ、と思われる方も中にはいらっしゃると思いますが、
しっかり出演されてます。
映画版のDVDをよ~く見て下さい………たぶん、見つけることはできません(笑)。
みつけた!と言う方は眼科へどうぞ。
ただ、見えなくても、映画版にこばさんはいます。

なぜか。その答えが「おでん屋のおやじ」なのです。
そう、役所広司の台詞に出てくる「おでん屋のおやじ」こそが
こばさんのことなのです。
では、何故そう言えるのか。
その真相は10年以上前に制作された、「笑の大学」ラジオ版にあります。
このラジオ版には、「おでん屋のおやじ」が登場し、その役を
こばさんがやっていたのです。

その後、舞台版、映画版では「おでん屋のおやじ」はカットされました。
きっと、構成上カットせざるを得なかったのでしょうが、残念。
舞台はともかく、映画版でこばさんの「おでん屋のおやじ」見たかったな。

このエピソード、映画版「笑の大学」のパンフレットや
DVDのブックレットに書いてあるのでご存知の方が多いでしょうが
今日、DVDを見て、役所さんの台詞を聞いたら
おでん屋のおやじの格好をして熱く語るこばさんが目に浮かび
投稿せずにはいられませんでした。

Ricky

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月18日
『ご存知』じゃありませんでしたー!!

ひささん!私は全く知りませんでした!!

早速、見てみました♪

わぁ、小林さんがいるぅ~!(∧。∧)
おぉ!背が高い!姿勢もいい!かっこいい!(^◇^)
眼鏡が黒縁?!(・。・)
アームバンドもして、見るからに「事務のプロ」だぁ~♪(*^-’)v

私も携帯の芸能ニュースでは見たのですよね。
「江角マキコさんの産後復帰第1作、ノーメイク、美脚封印で頑張っている」
みたいな記事でしたが、携帯のニュースに載ってるならネットのニュースにもあるはず、と気が付いてもよさそうなものなのに、抜けてるんですね~、私、あははは~!(って、笑い事じゃないかもです…汗)

何はともあれ
ひささんのおかげで、小林さんの写真付きのドラマのニュースを見る事ができました!
ありがとうございます!!嬉しかったです、ホント!!

ひささんが書いてらっしゃるように、
きっと「小林さんの温かさが欠かせない」存在のドラマになるのでしょうね。
う~ん、早く「春」になってほしいですね!!

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月17日
「マチベン」の記者会見

投稿広場、毎日楽しんで読ませていただいています。
皆さん、名文なので投稿するのを躊躇してしまいます。

ご存知だろうと思いますが、
「マチベン」の記者会見でのコバさんの写真が以下で見ることができます。

江角マキコ 2年ぶり復帰 ドラマ「マチベン」


難しい問題ばかりを扱う「マチベン」(町の弁護士事務所)で、
コバさんの温かさが欠かせないものになると思います。
とても楽しみにしています。

ひさ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月16日
「僕は僕」

昨日は春のような暖かさだったのに、今日は雨。
昨日より気温も下がっているし、こんなに季節がころころと変わるような毎日では、体調を崩してしまいそうですよね。小林さん、皆様、御身体を大切になさってくださいね!

以前の投稿でも、ちょっと書いたのですが「新選組!」放送当時、企画されていた様々なイベント等には何ひとつ参加できなかった私…(哀しい)
仕方のない事ですので「残念だったなぁ~」と思うしかないのですが、あちこちのブログやら何やらを読んでは「ほぉ~」「へぇ~」「はぁ~」と頷きつつ、会場の雰囲気や小林さんの話した様子等、頭の中で勝手に想像している事しかできなくて…淋しいものがありますが…(笑)…仕方ない…(涙)…。

色々なエピソードがあり、どれも面白かったり「な~るほど」と思ったり…でも、心に残っているのが
「小林さんの今までで1番好きな台詞」
でした。それは「オケピ」の中の台詞。

「僕はここにいる。僕は僕」

私は「オケピ」も観ていません。ホントに何も観てないですね(泣)でも「ビオラの彼」というのが、地味で(ビオラもオケの中では地味な楽器かも)楽団員に名前も覚えてもらえないというキャラクターだったらしい事は知っています。
知ってはいても、この台詞が、どういう場面でどういう意味で使われていたのかは、わかりません。

地味な「ビオラの彼」が「僕に気がついてくれぇぇ!」という叫びの台詞なのか「僕の存在感はどうなっているのか?!」という苦悩の台詞なのか、それとも全然違う意味なのか…そういうシチュエーションも何もわからないのですが、「いい台詞だなぁ」と思いました。

「僕は僕」
そうですよね。そうなんですよね。
「僕は僕」「私は私」「あなたはあなた」
誰でも、どんな人でも、この世で『唯一無二』の存在なんですよね。
自分は自分であり、自分でしかあり得ない。
誰かと比べたって、そんな事意味が無い(でも、つい比べてしまう自分もいますけど…)
他の誰かになれる訳じゃない。
「僕は僕として、ここにいる。ここに存在している。生きている。」
自分が存在している意味とか価値とか哲学的な事は全然わからないですけど、
他の誰でもなく「自分」として存在している事の不思議さ(由加里さんも似たような事を投稿してらっしゃったような)
「僕は僕」
「他の誰でもない『僕』」
それって、すごく大切な事のように思えます。
小林さんから大切な言葉を教えてもらったような気持ちになりました。

「オケピ」の中で、どんな風に使われた台詞だったのでしょう。
観たかったですぅ!
きっと「笑わせながらも『ほろり』とさせるところもあるミュージカル」だったんじゃないかなぁ…と想像しています。

石垣さんは「生」でご覧になってらっしゃるのですよね。うらやましい~♪
あ!桜ねこさんもご覧になってらっしゃるのですね♪うらやましいぃ~!!!
「オケピ2006」という話はないのでしょうか?!
三谷さんも歌舞伎やらオペラ(実現するのか?!)やら忙しそうですもんね…
再々演、無理なのでしょうか…

「生」の舞台をご覧になってらっしゃる皆様が「ほんっっっとおぉぉに」うらやましいですぅ!!!

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月15日
はじめまして


ビオラの彼の源さん~!!(笑)
こんな素敵なサイトをお持ちだったのですね。
先ほど偶然見つけて、今までのダイアリーや投稿広場を夢中で読んでしまいました。
【オケピ!】以来のFANです。
源さんも大好きでした。

「やめませんか、乱暴は、やめませんか」

「自分の人生こうあるべきだなんて思わない方がいい、まずは飛び込んでみることだ」

源さんの優しい言葉は、今でもことあるごとに思い返す、大切な道しるべです。
また、ちょくちょくお邪魔いたしますね。
どうぞ、お体にはお気をつけくださいませ!

--------------------------------------
  桜ねこ  27歳

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月14日
みんな、いい人ばっかりだぁ~(T-T)

土曜日(11日)の夕方位から体調を崩してしまったので、PCにしばらく触っていませんでした。
そして今日、元気快復したので、早速、ルンルン♪1番お気に入りのこのサイトに来てみれば…

11日の小林さんの「ダイアリー」と、それに応える皆さんの「投稿広場」が…
みんなが、小林さんを心から心配して、ひとりひとりがそれぞれの言葉で小林さんを応援してる…

由加里さんも、Rickyさんも、洋子さんも、ゆめさんも、権田さんもみんな!
いいえ、投稿はしていなくても、小林さんを応援している皆さん、きっと同じように心配しているんだと思います!
みんなやさしい…
みんなあったかい…
胸の奥が「じ~ん」となります(T-T)

「勉強不足」
だなんて、職場の上司や同僚に言われたら…私は反論もできないです。
「おっしゃるとおりでございます」と小さくなるしかないです。
思い出してしまいました。以前に言われた言葉。
「経験は積み重ねるもの。トランプの『神経衰弱』みたいにばらまいてたら意味がない。」
年齢ばかり重ねても、経験が積み重なって生きていなけりゃが意味ない。はぁぁぁぁぁ~~~~~。私の事です、すみません。

だけど
「私は十分勉強が足りてます!」なんて人、この世に何人いるだろか?!
「勉強不足」って思うから「未熟」って思うから、「前に進まなければ」って「努力しよう」って思うんですよね?!
これって…「勉強不足」な自分自身への言い訳かな…?…かも…?…(汗)

1年365日、「勉強!勉強!」って思いつめなくても、
心に留めておけば、
時に思い出して気持ちを引き締められれば、
ゆめさんの書いてらっしゃるように「背をむけずに、一歩ずつ」

しかし、私の場合、年中忘れて「のほほ~ん」としているから進歩が……はぁぁぁぁぁ~~~~~。

でも、ほんとにみなさん、いい人ばっかり…しみじみ、そう感じました。


ところで、Richyさんの「小林さんの名前を心に刻み付けるエピソード」は、傑作だと思います!
「天罰」とまで思いつめたどん底から天国へ♪よかったですね~、録画できてて!
「天罰」じゃなくて、日頃の良い行いに対しての「ご褒美」ですね、きっと!

Kyoさんは、佐野の方ではなかったのですね。具体的にお店の名前が出ていたので、てっきり佐野にお住まいだとばっかり(笑)
勝手な思い込み、失礼しました。
でも、旅先で出会ったおいしい食べ物って心に残りますよね!

Olive☆


★権田様

「いい人ばっかり」と、いつも思っていましたが、今回は、心底そう感じました。
本当に暖かい方達ばかりですね…

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月14日
勉強・・・

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.
オーラの泉、見ました!
そういうことってあるんですね。
確かにこれは運命だなぁ。
三谷さんの中でもとても印象に残っているエピソードなんでしょうね。
ここまでスピリチュアルな感じではなくても
運命かもと思える体験は誰でも一度は経験してるんじゃないかな。
こういうことの積み重ねで存在する今の自分って不思議で面白い。
この番組は初めて見たんですけど、その時にコバさんの話題に遭遇できて
とてもラッキーでしたv(^◇^*)

・・・で、「勉強不足」ってどうしたんですか?
これを初めて見た時、ゆめさんと同じく自分に言われてるような気がしました。
その後もダイアリーでこの文を見る度に叱られている気分になって
「うぅ・・・」と思ってしまいます(>_<)
知識的なこと?それとも人生的な思慮の浅さ・・・?
うん、どっちも確かに勉強不足。
もっと謙虚な向上心を生活の中に!
と、思いつつ
のほほんと流されるように日々を過ごしてしまう。
駄目だなぁ、私。

コバさんの勉強って何なんだろう。

なんか心配(・・;)
                              由加里
゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月13日
勉強不足…

 こんにちは。Rickyです。
皆さん投稿されていますが、こばさんの日記を見て
私も少し心配になりました。
でも、辛いことも素直に隠さず、このHPで打ち明けてくれることに
こばさんの誠実さを感じます。
私だったら、体裁を気にして反省した事を書くことはできないと思います。
 
 どんな職業にも、またどんな人の日常にも困難はつきもの。
微力だけれども応援している私達が、少しでもこばさんの力に
なることができていれば嬉しく思います。
今考え付くことは、とにかく、いつでもこばさんのこと応援してるってことを
伝えることぐらい。
あとは、今後可笑しな話、例えば私の失敗談なんかを投稿して
こばさんに笑ってもらうくらいかな?
あぁ、私の住んでいる街にお芝居で来てくれたら、
「こばさんLOVE!!」って横断幕作って持って行きます。
って逆に迷惑か(笑)。

どうですか?笑えました?もし、笑ってもらえたら本当に幸せです。

Ricky

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月13日
どうされましたか?

こんにちは。投稿広場とてもにぎわっていますね。
石垣さん同様、私も話題についていくのと皆様の投稿を読ませていただくのが精一杯だったのですが、
小林さんのダイアリー「 勉強不足」の 3連続にどうしたのかと心配になり(:_;)
小林さん勉強不足とは何の勉強不足でしょうか?
何の勉強不足かとても気になりますが、無理せず気らくに過ごして下さいね。

洋子

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月13日
痛感

思わず自分に言われたように思ってしまった。
「勉強不足だよ!勉強不足。 勉強不足。」
思わず、言葉に出してしまった。自分自身に。
キツイ、二回の繰り返しまでは受け止めることができるが、さらに3回目の「勉強不足」をゆっくりと…、
ちょっと、かなり、重く心に響く。

毎日、何時も、そう思っている。
そのためか、その筈なのに、
改めて活字として目にしたのは何年ぶりのことだろう。
いや、活字として見た記憶はどのくらい前のことか記憶に無い。

ここまでこの言葉の繰り返しを目にした自分が、
自分の心が反応するとは思わなかった。
仕事柄、毎日が勉強だと思っているが、
その「毎日が勉強だ」という言葉で、勉強不足に背を向けていた自分に、
思い知らされたような。

毎日、何時も思っているだけに、
言葉にされると、他人から言われると、本当にキツイと思う。

「毎日が勉強だ」と言って、
実は勉強不足の言い訳を自分自身にしていたように、今は思える。
と言いながら、もう一つ言い訳を言いたい気もする。
「もっと時間がほしい。」 と、もう一つ「もっと能力が・・・」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「勉強不足だよ、勉強不足。勉強不足!」

コバさんのこの言葉が、
どんな時に、誰かに言われたとしたら…、キツイ。
最後に力を込められたら、本当にキツイ。

でも、自分自身に問い直しているとしたら、
素直に認めて、また勉強して行こう。
背を向けずに、一歩ずつ。

言われなくたって毎日そう思っているのだから。


ゆめ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月11日
umeが満開ですね


今年はとても寒いですが、投稿広場はumeが満開ですね。(ギャグは寒くないようですが・・・) 今度の飲み会楽しみです、ごちそう様。

zou

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月11日
うらやましいですぅ!

9日の「投稿広場」の「嬉しいな~!」を読んで「…いぃ~なぁ~…」と思わずつぶやいてしまった私です。

piroさん、板橋の新選組祭りにいらしたんですね。
しかも、抽選で色紙が当たって、握手もして…うらやましいですぅ~~~!!!
「生」の小林さんは素敵でしたか?
「娘ともどもすっかりファンになってしまいました」と、おっしゃっているのですから、きっと素敵だったのですよね~♪

「新選組!」放送当時は、あちこちでイベントやトークショー、高幡不動での豆まき等が行われていたのですよね。でも、当時は仕事がチョー忙しくて、そのどれにも行けませんでした(涙)
「源さんからは『いい人オーラ』が出ていた」
「源さんより、本物はずっと若い」
「(豆まきの様子を見て)源さん、かわいいよね!」
等々の文章を、指をくわえて読んでました(涙涙)

しかも、piroさんは、抽選にもあたってらっしゃるんですよね!
福引にも宝くじにも当たったことがない、お年玉つき年賀状だって「切手シート」しか当たったことがない私には、ますますうらやましい限りです。
サインに握手!きゃ~!いいですねぇ!ラッキーでしたねぇ!うらやましいですぅ~~~、本当に!!!

Umeさん、私の自分勝手な想像にお答えくださって、ありがとうございます♪
学生の時の部活動って、辛かったりすることもありますが、とても楽しいんですよね!
きっと、Umeさん達も、楽しい思い出いっぱいなのでしょうね!だから今も皆さんが「いい仲間」なのですよね!
ステキですね!
でも、Umeさんのこの「投稿」、なんとう言うか、表情や動きが見えるような、という感じがして…。
私は、Umeさんにお会いしたこと等ないのですが、Umeさんの表情や声が見えたり聞こえたりしてきそうな文章で、思わず笑ってしまいました。Umeさん、面白すぎます♪

ところで、昨日「Shinnsenngumi Express!!」がリニューアルされていましたね。
「新選組!!ロマンチ!!!サイト!!!」となって「新選組は終わらない(懐かしい台詞!)」というサブタイトル(かな?)がついてました。以前のは「土方歳三、最期の一日」のためのサイトでしたが、今度のはどうなのでしょうか?
「新選組!」についての企画も考えてくださっているのでしょうか?
タイトルが「新選組!!」となっているから、どうなんでしょうね?
ちょっと、気になります。

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月11日
こばさんと私

 どうも、2度目の投稿、Rickyです。
先日の初投稿後、権田さんとちょっと面白いやり取りがありまして、
ここのHPが、本当にこばさんを心から応援している人たちの手で
作られているのだな、と温かい気持ちになっている今日この頃です。

 さて、その権田さんのリクエストにお応えして、先日書いた
「姉が呆れる程のこばさんファン」とはどの位なのか、ちょっと披露したいと
思います。
 
 まず、先日も書いた通り、こばさんを最初に知ったのは、小学生の頃に見た
古畑任三郎の第一シリーズです。とても人が良さそうな印象がありましたが
古畑さん同様に役名も、さらにはこばさん自身の名前までも覚えられませんでした。
申し訳無いです。
 それから、ずーっと古畑シリーズを見続けたおかげで、向島君、東国治君は
覚えられましたが、まだまだ「小林隆」は覚えられず…。
他のドラマでこばさんを見かけても、「あ!向島君!」と言う始末。

 それから十数年後、古畑によりすっかり三谷ファンに育った私は
必然的に「新撰組!」を見始めました。
そして、そこで見つけてしまった向島君!
「新撰組!」が終わる頃には、井上源三郎を素敵に演じ切った
「小林隆」さんのファンに、すっかりなってしまいました。
しかし、実は「新撰組!」が始まり、夏を過ぎた頃になっても
「小林隆」という名前は覚えきれていませんでした。
いい加減にしろ!私。しかし、古畑で育った私には、何故だか
「この人は名前を覚えられないキャラなのだ。だから、敢えて覚えない方が
いいんだ!」っていう訳の分からない暗示が掛かっていたようです。

さて、ここからがいよいよ本題。姉が呆れたエピソード。
実はこの話、私が「小林隆」という名前を心に刻み付けるエピソードでもあります。

 ある日の午後、私はとあるビルのロビーにいました。
そして、そこでいつもの様に友人と昼食をとっていたのです。
そのロビーにはテレビが置いてあり、チャンネルはテレビの近くにいる人が
勝手に変えられる様になっていました。
いつもの様に、お昼のメロドラマが流れており、私は友人とのお喋りに夢中。
そこへ、中年のおじ様がツカツカッとテレビに近寄り、チャンネルをNHKへ。
「確かに、おじさんにはメロドラマは無理だよね~」なんて思いつつも
やはり友人との話に夢中の私は、テレビのことなんか全く無視。
しかし、突然テレビから聞き覚えの有る優しい声が…。
「おや。」っと思いながら、テレビにふっと目を向けるとそこにはなんと
井上源三郎が茶色のジャケットを着て微笑んでいたのです!!
そう、こばさんは「スタジオパークからこんにちは」に出演していたのです!!
「しまった!!」と思った瞬間、体中からドッと汗が噴き出してきました。
その時は、既にこばさんの魅力にすっかり虜になっていたので
スタパを見逃してしまった、というよりも、出演することすら知らなかった自分に
焦りました。どうしよう、どうしよう!
昼休みが終わってしまうので、ロビーで見続けることは不可能。
あー、神様!今までしてきた悪いことの罰なのですか?!
なんて錯乱しながらも、
「そうだ!今日は姉ちゃんの仕事が休みだから、今からでも録画を頼もう!」
と思いつき、早速メール。しかし返事は…
「あー、ごめん。今友達と買い物してるから録画できん。」
うわぁ~、やっぱり天罰だ!
私は泣く泣く録画を諦め、ロビーに留まる事もできず、本当に涙を飲んでって
こういうことなんだわ、と思いながらロビーを後にしたのです。

さて、昼のショックから抜け出せずに、うなだれて、へこたれて帰宅した私。
「あぁ~、一体源さんは何を話したんだろう…。」と思いながらリビングに入ると
姉が何だか企んでいるような顔して座っていました。
そして、「はい。これ。」と言いながらDVDの再生ボタンを押すと…
「うわ!これ『スタジオパークからこんにちわ』やん!」
そう、なぜか録画されていたのです。しかも、番組の最初から。
我が家のHDD録画は予約しておくと、勝手に一時間延長して録画してくれるの
ですが、なんと姉が、朝の連続テレビ小説の昼の再放送を予約していたのです。
だから、その後の「スタジオパークからこんにちは」が自動的に録画されたのです。
技術の進歩とは素晴らしい!!!
私は狂喜乱舞、もう本当に涙を流して喜び、姉はそんな私を見て呆れたのです。
そして新聞を指しながら、「ほら、ここにゲスト小林隆さんって書いてあるやん。
そんなに好きならなんで、最初から予約しないの。今朝新聞見てたでしょ。」
と姉が言うので、「だって、小林隆って名前だって知らなかったんだもん」と私。
姉はこの答えに益々呆れていました。
そして、この時ようやく私は「小林隆」という名前を覚えたのです。
もう2度と見逃さない!という決意とともに。

あー、なんだかとっても長くなってしまいました。申し訳ないです。
ここまで、読み進められた方はいるのでしょうか?
権田さん、良ければ適当にはしょっちゃって下さい。
まだまだ、こばさんにまつわるエピソードは有るのですが、今日のところは
止めておきます。本当に長くなってごめんなさい。

Ricky

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月10日
私も見ました!オーラの泉

こんばんは。
Kyoです。
今日は暖かい日でしたが
風邪が流行っているようです。
皆様お気をつけください。


私も見ました!オーラの泉。
コバサンの名前が出てくるとは思わなかったので
ええ~って!夜中に叫んじゃいましたっ!
予想外な展開でした!

三谷さんとコバサンの出会いから
劇団へと続き、今までもこれからも
ずっ~と結びついている赤い糸?な
関係がとってもいい感じです!!

人と人との縁、つながりって不思議だなあと
思いました。
組!のメンバーとのつながりも続いていて、
こちらもステキです。


Olive☆さん
私は残念ながら佐野市民ではありません(汗)
以前 旅行の途中で佐野ラーメンに出合い
感激してしまったのです!
でも最近はなかなか出向いていないので、
食べたくなります。。
車をとばしてでも食べに行きたい気もします。

UMEさん
はじめまして。
コバサンの歴史がわかる投稿広場
って貴重な豆知識ですね。
また教えてくださいませ!

では失礼します。

Kyo

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月10日
大当たり!!


Olive☆さんの指摘通り、私たちは英語部(ESS)です。そして英語で劇をやっていました。運動部が終わった後、体育館で通し稽古をするので、お腹が空くのです。そんなときの味方が権田先輩です。コバさん世代の劇はジキルとハイド。ちらちらとヒントを出すから、いけないんだ!!コバさんはもちろん名脇役でしたよ。   

この程度はばらしてもいいですか?権田会長!!事務局の皆さん!!罪ほろぼしに今度一杯やりましょう!! え=!(悲鳴)、  私のおごり!! 権田さん、昔のようにおごってください!! 

バレバレですみません:UME

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月10日
その通りだぁーーーーーーーーーー!と思います

「ダイアリー」に書かれているように、小林さんと三谷さんは「運命の出会い」です、きっと!
「作り話だと思ってた」という文章には、笑ってしまいましたが(^m^)

Rickyさんが、書いてらっしゃるように小林さんは「三谷さんに愛されて」いるんですよね、絶対!
そうでなければ、三谷さんが「新選組!」の源さんを、あんなに魅力的なキャラクターとして描くはずはありませんものね。
小林さんだったら、十二分に応えてくれると信じていたからこそ、ですよね。
だからこそ、「三谷さんの脚本+小林さんの演技」で「1+1」以上の大きな答えが出たのですものね!!

Rickyさん、私の投稿の不十分だった所について、Niceなフォローをありがとうございました♪
三谷さん流のユーモアというか「落ち」というか、には本当に笑ってしまいますよね。
確か、小林さんが出演された「スタジオパーク」の時にも、三谷さんが小林さんに宛ててファックスを送っていましたが
「一緒の劇団にいた事を誇りに思います」
というような、ホロッとさせられる感動的な文章に続けて「感動した?」という「落ち」をしっかりつけていましたよね(笑)

小林さんが「勘太郎くんからの電話で知った」と書いてらっしゃいましたが、今でも「試衛館の仲間」や「新選組!」の出演者の方達とは仲良しなのでしょうか。それも素敵ですよね。この大河ドラマでの皆さんとの出会いも、ある意味「運命的」なのかもしれませんね。

ところで、以前、投稿してから、まだ考えてたんですけれど(笑)しつこいですね、私(^^;

小林さんは英文科卒業で、Umeさんは英語の先生をしてらっしゃるのですよね?
もしや、ESSにでも入ってらしたのか…?
と、思いましたが、松山高校のHPで「部活動紹介」を見てみましたが、ESSはないようでした。
ということは…「英語部」でしょうか?!
だとしたらあ、もしかして、小林さんはじめ、後援会事務局の皆様は、英語ペラペラなのでしょうか?!
うわあぁ~!すごい~!!
…私は、英語は全然…です(恥)

勝手に想像して、ひとりで騒いですみませんでした。

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月09日
オーラの泉!

 初めて投稿します、Rickyと申します。
こばさんのことは、古畑任三郎の第一シリーズの頃から知ってはいました。
しかし、ファンになったのは「新撰組!」からです。
それまでは、「この役者さんたまに見るよねぇ~」ぐらいの認識で…。
申し訳無いです。はい。
しかし、今は姉に呆れられる位、こばさんのファンであります。

 さて、昨夜のオーラの泉、私も見ていました。
こばさんに関する内容は、Olive☆さんの書いてらっしゃる通りで
私も、いやぁ~、紙がひらひら落ちてくるなんてこりゃ運命だねって
思いました。
しかし、その後、国分太一さんが
「その方(こばさん)とは、やはり何か運命的に繋がっているんですかね?」
と江原さんに聞いた後、三谷さんが…
「彼とはそういうスピリチュアルな関係だとは認めたくないなぁ…。」って。
私、これには爆笑!!
 いやぁ~、こばさん、三谷さんに愛されてますよ。うん。
なんだかんだ冷たい事言ったりしても、三谷さんがネタにするってことは
大好きな証拠です。きっと。
 これからも、三谷さんにいじられながらも、三谷作品またその他の作品で
活躍されることを祈っています。

Ricky

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月09日
「マチベン」と「オーラの泉」

Kyoさんが「ステキですね~」と書いてらっしゃいましたが、同感です!
「マチベン」の脚本が当初と変更になるなんて!
それも「事務担当の役が小林さんなら」という事で書き直しているなんて!!

1度仕上がった脚本に手を入れるって、そんなに簡単じゃないのでしょう?台詞を2~3増やす、などという程度ではなくて、より重要な役として書き足しているという事なのだとしたら、1度完成したものを壊して(全部ではないにしても)再構築するようなものなのでしょう?そんな手数のかかりそうな事(すみません)を「小林さんが演じるのなら『あえて』やりましょう!」という事なのですよね?脚本家の方に、そんな風に思わせるなんて…いやぁ~…小林さんって、魅力的☆なんですねぇ、やっぱり(^v^)♪

1月28日のNHK「土曜スタジオパーク」で、「マチベン」の紹介があったのです。でも、江角さんと山本さん(副長~♪)が撮影している場面をちょこっと見せてくれただけ。小林さんの「こ」の字も出てこなくて、正直「えっ?!ちょっとNHK!何でなのよォ」ちょっとムッとしてたのですが、そういう事なら仕方ないですよね~、NHKさん♪う~ん、我ながら、なんて単純♪

Kyoさんが言われているように、撮影スケジュールはきつくなってくるのでしょうが、御身体に気をつけて、共演者やスタッフの皆さんと充実した時間を持つ事ができますよう祈ってます。
4月からの放送がますます楽しみになってきますね!!

話題は変わりますが

昨晩「オーラの泉」という番組に三谷幸喜さんが出演してらしたので、見てみました。
「運命を感じたこと(でしたっけ?)」という質問に対して三谷さんが答えたのは「亡くなった父親のこと」と「『東京サンシャインボーイズ』を立ち上げる時のこと」のふたつでした。

劇団のメンバーを集めていた当時、「あの芝居に出ていたあの人、面白そうだから、呼びたいな。でも連絡先も電話番号もわからないし…、あの人とは縁がなかったのかなぁ」と思った瞬間、目の前に紙がひらひら~。なんと、そこに連絡先が!そして無事連絡をする事ができて、仲間になることができた。その「あの人」というのが『小林さん』だったというのです。

へぇぇ~?!そんな事が?!びっくりです!!

別に私は特定の宗教を信じている訳でもありませんし、運命論者でもないですけれど…、でも、そういう事って、やっぱりあるのかもしれないですねぇ…。もし「紙がひらひら~」と来なければ、小林さんは三谷さんとは出会わなかったかもしれないのですよね。偶然の出来事なのかもしれませんが、たとえ偶然だとしても、とても「素敵な偶然」ですよね!

勿論、三谷さんと出会わなくても、小林さんは魅力的な俳優さんになっていただろうとは思いますが、でも「東京サンシャインボーイズ」に入っていなかったら「源さん」を演じていたかどうか…なんて考えると、人との出会いってなんだか本当に不思議で、そして素晴しいことなんだなぁって改めて感じました。

Umeさんのお家のお庭には、ろう梅があるんですね。素敵ですね。PCの画面越しでは香りは届きませんが、愛情は伝わってきますよ~!
Kyoさんは、佐野にお住まいなのでしょうか?ラーメン食べたくなりました!

ところで…いつも迷うのですが…小林さんは「俳優」と呼ばれるのと「役者」と呼ばれるのと、どちらがいいのでしょう?
文章を打っていて、いつも右手の人差し指を「H」に伸ばすか「Y」まで伸ばすか、一瞬迷うのです。
どっちでもあまり気になさらないのか、それともやっぱりこだわりとかあるのでしょうか?

Olive☆

P.S.  「オーラの泉」についてですが…。睡魔に襲われつつも頑張って見ていた所「小林隆」という言葉が出て「ハッ」となったのですが、私の書いた内容が「違ってるじゃないの!」という場合、気が付かれた方は訂正の投稿をお願いします。近頃は記憶力も落ちてるもので、少々自信が…(汗)

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月09日
嬉しいな~!

今回初めて投稿させて頂きます!
小林隆さんの素敵なオフィシャルサイトがあることを知らずに今迄居たのですが、これからは楽しみに遊びに伺いたいと思ってます。
こばさんを初めて知ったのは、大河ドラマ新選組!からです。
娘が新選組!の大ファンで、それに引きずられる感じで気が付けば自分も好きになっていました。
それにこばさんにも実はお会い出来てるんです~!
一昨年の大河放映中になりますが、板橋の新選組祭りのゲストにこばさんが出られていて、抽選で色紙が当たって握手もして頂けたんですよ~、嬉しかったな~!
飾らないこばさんの姿も見られたし、娘ともどもすっかりファンになってしまいました!
こばさんの日記も楽しみにしています、禁煙も続くといいですが、あまりストレスが溜まらないように禁煙が出来るといいですね!

piro

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月08日
こまつ座にも是非

そういえばこまつ座から時々案内が来ていたっけ。前回みたのは10年以上前だったか「頭痛肩こり樋口一葉」など印象に残っていますが・・・。東松山の文化会館でやったこともありましたよ。最近は「脚本が間に合わなくて、公演延期」という井上ひさし氏の得意技がないみたいで寂しいですね。あれがあるとなんだかムクムクと見に行きたくなるのですが。そうですか、「兄おとうと」はよかったのですね。相変わらず紀伊国屋ホールでやってくれるのもうれしいですね。井上ひさしの脚本好きですから、「こまつ座に出演」なんてなったらうれしいです。期待してます。

zou

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月07日
ステキですね~。

こんばんは、Kyoです。

こばさんのために脚本が膨らむなんてとってもステキですね~。
脚本ができてからは
スケジュールがハードになるかもしれませんが、
風邪に気をつけて頑張ってほしいです。
禁煙も。。

4月を楽しみに
この寒さを乗り切りたいと思います!

Olive☆さんも仰ってましたが、舞台を観れる日までの
カウントダウンが私も楽しみなんです。


待つ楽しみ、意識してみると生活の中に詰まっているものなんですね。
こばさんありがとうございます~。

Kyo

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月06日
今頃気がつきました。

昨日、「インフォメーション」の「リンクコーナー」の「新国立劇場」にアクセスしてみました。その中の「公演記録」のページを開いてみたら…「屋上庭園/動員挿話」の舞台写真が掲載されていました!
皆さん、御存知でした?私は、昨日までしりませんでした!ふ、不覚(..;)…!!

確か「ダイアリー」の中で小林さんが「舞台が抽象的装置のため」と書いてらしたですよね。その時は「ふ~ん…抽象的って、どんなんだろ?」と思いましたが、すぐにそういう事を忘れてしまっていたのですが…写真を見て、びっくり!

「(@_@;)…何にもない?!」

椅子くらいはあったけれど…ホントに何もない!
あの何も無い空間で演技なさったんですね…!!…すごい…!!

しかも、裕福な夫妻と馬丁という、まったく正反対のような役柄。それは、衣装や髪型や姿全体から、かもしだされる雰囲気で、写真からも伝わってきます。でも、この正反対のような役柄を、同じ日の同じ公演で、演じ分けたのですよね。休憩時間があるにしても、そんなに簡単に、スイッチを切り替えるように『変身』できるものなのでしょうか?!それも、舞台装置にも大道具にも小道具にも助けられない状況で!!
すごい…!やっぱり、すご~い!!
すごい、としか言えない語彙の貧弱さが情けないですが、写真だけでも「素晴しい舞台だったんだろうなぁ…!」と感じられました。

勿論、細かな表情などがはっきりと判るほどの大きな写真ではありませんが、雰囲気はなんとなく伝わります。ご覧になってない方はぜひ!!なんちゃって、知らずにいたのは私だけかも(汗)

任天堂DS、皆さん、やってらっしゃるんですね~!興味あるけど、脳年齢を知るのって、なんかコワイ気もしますねぇ(笑)

「待つ喜びってあるよね?」 あるある~♪
こどもの頃はたくさんの事が待ち遠しかったです。
運動会や遠足や夏休み、冬休みに誕生日♪
今だって
コンサートや舞台のチケットを手にいれた時
大型連休の前
姪や甥が「○日に遊びに行く」と連絡くれた時
公園の樹々の芽が膨らんで、赤ちゃんはっぱが出てきて大きくなっていく様子を日々感じるのも…。
でも、今は4月からのドラマが楽しみです!
ワクワクしながら待つのも「楽しみ」のうちですね♪

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月06日
任天堂DS


脳内年齢…78歳でした・・・orz
鍛える気分にもなりません。

(怒りの方向を間違えていることをわかりつつ)
そんな無礼なDSにいささか腹が立ったので、
今は部屋の隅で静かに冬眠させてあります☆

CMでは松島奈々子さんが脳内年齢52歳(?)に
ショックを受けてましたが、
私はそんな比じゃないです・・・orz

と前置きはこのくらいで、
小林さんの日記、更新率が上がりましたね♪
それと、投稿広場にぎわっていますね^^
内容に全くついていけません。

なんとかDSネタで食らいつかせていただきました^^

寒いですが風邪などひかぬようご自愛ください。


石垣

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月05日
こんにちは

こんにちは。tomoです。

小林さん、ダイアリーが毎日更新されるのはとてもうれしいのですが、更新するために、お体を休める時間までも切り詰めるという事はしないでくださいね。
まだまだ寒い日が続きますから、お体に気をつけてください。
予防には、うがい・手洗い・鼻洗い(鼻の穴の中をお水で(お湯でも可)洗うことです。「汚い」と思われるかもしれませんが、予防にとても効果のある方法です)がおすすめです☆

英語で思い出したのですが、高校生の頃聞いた大学の先生の講演で
「テレビやラジオである様な、中学生レベルの英語の文章を聞いて、それを書き取ってみてください。
それだけで英語の聞き取りがレベルアップできます。」
とおっしゃっていました。
実際にやってみたのですが、なかなか聞き取ることができず、自分の英語力の無さにガックリきたことを覚えています。
でも小林さんが話していらしたように、ゲームで楽しく英語を学んでみるのもいいですよね♪
脳年齢も気になりますし・・・☆

はっっ!!
Umeさんに英語を教えていただくという方法もありますね(笑)
その方法が一番かも・・・(^ー^)/

脳だけでなく、体も心も鍛えて生きたいですね。
もちろん、お酒も・・・(汗)

長々と失礼いたしました。
それでは、また・・・。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月05日
佐野ラーメン

こばさん、後援会の皆さん、事務局のみなさん、こんにちは。
立春過ぎましたが寒い日が続いていますね。

今年は豆を買うのを忘れてしまい(汗)、
恵方巻きもおしゃべりしながら食べてしまいました。。


こばさんの撮影はまた佐野に行かれるのでしょうか?
佐野といえば佐野ラーメンです!
私が行ったのは小倉やさんです。
チャーシュー麺を食べましたがおいしかったですよ~。
昨日 テレビでは佐野の万里というラーメン屋さんがでてました。
ここもおいしそうでした。

寒いのでラーメンが恋しくなってしまいます。
お時間があれば佐野ラーメン 食してみてください。

明日は予報では雪ですが
こばさんも皆さんも体調には気をつけてください。

Kyo

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月05日
ろう梅とMの悲劇

 kobasanも書いていた通り寒いですね。そんな中、私は今日、嵐山町の重忠公綱引き大会に監督として参加、熱戦を応援してきました。我がチームは何とか勝ち抜き、優勝することができ、感激、お祝いにケーキ
12人分、ねだられました。近くにププリエという美味しいケーキのお店があり、そこのケーキを急遽用意。みんな満足していました。女子高生って怖いですね!!

ろう梅.jpg 家に帰ると妻は留守。近所の奥さんと買い物とか?少し暇が出来たので、ちょっと投稿でもしようかな?卒業試験と入試準備で忙しかったので、ちょっとストレス気味。ネタ探しにデジカメ持って庭に出る。
ろう梅・・・狼狽?いかん!いつもの変な発想になる。心持ちを変えて、妻の好きなろう梅の花を皆さんに見てもらおう。
私の愛情と香りが伝えられないのが残念!

 話変わって、昨日Mから電話があった。はじめにMはとてもいいヤツなので少し紹介しましょう。Mはとても行動力があり、はったりも効き、しかも穏やかで、会長の片腕にもなっている。後援会発足にも奔走し、副会長である。昔から権田2世と私たちは呼んでいた。Kobasan同期生のなかではリーダー的存在だが、惜しいかな!!コンピュータが苦手!!この投稿広場に出てこない。NHKのスタジオパークにKobasanが出演したときもファックスで迅速に応援、ホテルでの後援会予約や仲間への電話連絡も彼中心に動いていて、本当に縁の下の力持ちになっている。表舞台に彼が登場するのが待ち遠しい。

KobasanはMの悲劇に出演しました(私は見ました)が、我が事務局のMの悲劇のEmuと梅の喜劇のUmeが、まるでジキルとハイドの劇みたいに変身したらおもしろいね。このへんでやめときましょう。我が家の近くのお寺の鐘がごーんと鳴った。泉で清水を汲んで飲みましょう!◇うめーだろうな。

           Ume

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月04日
お疲れさまです!

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.

禁煙、苦しみつつも頑張っていらっしゃるようですね。
偉い!その調子で禁煙街道をばく進ですねっ(プレッシャー?)

寝坊ですか~。
大変でしたね!
寝起きが悪い方ですか?
そういう時って血の気がひきますよね。
急ぐ余り、無茶な運転になったりしてかなり危険だし。
事故に遭わなくて良かった・・・(*^-^*)

ニンテンドーDSは面白いですよね!
暇つぶしにとても良い感じです。
私も持ってますが、一番良く使ってるのは祖母です。
新しいトレーニングにもひるまずバンバン脳を鍛えています。
シーンとした時に隣の部屋からゲーム音が聞こえてくるのは
ちょっと微笑ましい。
日々の鍛錬の成果で実年齢より遥かに若い脳年齢を獲得してます。
孫の私としては余裕のあるポジションを崩すわけにはいかない!
記録を抜かれそうなトレーニングはこっそりチェック!
そして猛特訓!
来年、米寿を迎える祖母相手に何張り合ってるんだろう・・・。

この前、そんな祖母の為に専用のDSを買ってあげようと
私もゲーム屋を回ってみたんですけど・・・。
全滅でした!
大人気なんですね。凄いなぁ~。
お互い早く手に入れられたらいいですね。
コバさんの脳年齢知りたいなぁ~☆
負けませんよっ!

今回のロケは何だか楽しそうですね。
(勿論、それ以上に大変でしょうけど)
山本耕史さんと共演!とても楽しみです。
コバさんはどういう役なんだろう。
弁護士さんかな?
                               由加里

゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。. .。.

コバさんから情報が出てきていないので、実際のところは良く解りませんが、
Olive☆さんからの裏情報です。

「マチベン」は「氷壁」の次の次の作品になるそうです。
小林さんの役どころは、『弁護士4人が集う弁護士事務所で、事務を一手に引き受ける事務のプロという役です。個性豊かな弁護士達を精神的にまとめあげていきます。』という事だそうです。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月04日
DSですかあ。

 子供にねだられていますが、ずっと保留にしています。任天堂さん、何とかしてください。
新機種も出るらしいですが、どうしてだんだん高価になっていくんんですかあ!!

 あ、小林さんに関係なかった。

新選組!!DVDの発売も決まって、特典映像にも期待しています。なつかしい源さんたちにまた会える!
 その前にドラマのほうが早く見れるかな?
いずれにしても、春よ早くこい。

 寒いからって飲みすぎ注意ですよ。

∞  TOSHI・KO  ∞

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月01日
よかったですぅ~!!!

小林さんが、インフルエンザじゃなくてよかったです!
禁煙も順調でよかったです!
それから、事故らなくて本当に、本当によかったですぅ~!!!

UmeさんのPR効果は抜群ですね!勤務校での視聴率が70%以上達成?!素晴しい~!
「古畑、ファイナル」の高視聴率への貢献度大ですね!
勤務先の先生方、そして生徒の皆さんも、「古畑任三郎」や「相棒」を観て、小林さんの魅力に気がついてくださったでしょうか♪
「Ume先生」が、人気者だからPRも効果が上がるのでしょう。「ユーモアを解する先生」なのでしょうね。
英語の授業での小林さんの「使い方」も効果的(笑)、まさに一石二鳥!

ところで、私は、会長さんはじめ事務局の皆さんは小林さんと「同級生」なのだろうと、勝手に思い込んでいたのですが、部活動の先輩、同輩、後輩の間柄だったのですか?
何部だったのでしょう?
「ヨット」…ではないですよね…埼玉は「海無し県」だから…野球部…あ、演劇部でしょうか?う~ん、でも、体育会系のような気がしますけど…?
「鬼コーチ(?)」と「やさしいキャプテン(?)」の指示のもと、学校の裏藪を抜けて買出しに行く(って、まさか授業中じゃないですよね?笑)小林さんって…なんか「学園物」のよくあるワンシーンの様な、いかにも「高校生活」という感じがして、いいですねぇ♪
「同じ釜の飯を食った仲」という絆が今もあるんですね、皆さんの間には!なんか、いいですねぇ♪
高校生の頃の小林さんって、どんなだったんでしょう?
知りたいですネ!
ダイアリーで「連馨寺の焼きそば屋さん」を読んだ時にも、こどもの頃の小林さんってどんなだったのかなぁ…と思ったのですけれど…やっぱり、ちょっと興味あります♪でも、小林さんは、いやかもしれないですね、ゴメンナサイ。

そうそう、忘れるところでした。埼玉県にも、色んなお酒があったのですね。日本酒といえば「水」と「米」のおいしい所、というイメージがあったのですが、zouさんとゆめさんの投稿で、埼玉にも地酒(っていうのですか?)が、色々あるという事を知りました。知らない事って本当にたくさんありますね~。

でも「ブドウをチョコとなめマスカット?」が、もう販売されていないとは…残念です。味わってみたかった…!!

Olive☆

P.S. 「Oliveさんも先生してるのですか?」って、ど・ど・どこからそういう発想が出てきたのか(^-^;)びっくりですけど、でも、Umeさん効果で、女子高生の方もこのサイトを見てくださってるんですね♪よかったですぅ!!なんか、とっても嬉しいです!!

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年02月01日
冬季限定

にごり酒.jpg私は今はこれ。
冬季限定にごり酒(久喜市 寒梅酒造)。

今のこの寒い時期に私が飲んでいるお酒は、
私の知り合いの酒蔵、久喜市にある寒梅酒造の「にごり生酒」だ。
新潟の寒梅ではない。
こちらが寒梅という名前の本家の久喜市にある寒梅酒造の冬季限定の日本酒だ。

このにごり酒は、
もろみを絞りきらず、お酒の中に残して一緒に瓶詰めして、瓶内発酵している生きている日本酒である。
瓶の中でもろみの糖分が発酵しアルコールに変化しているので、
その時にできる炭酸ガスが含まれているために、
栓を開ける時にお酒が噴出すことがあるので注意をしないといけない。

味は、
口に含んだ瞬間はほのかに甘く、
含まれる微炭酸のピリッとした刺激が続き、
最後にすっきりとしたのど越しが非常に美味い。

微炭酸.jpgもろみの糖分のほのかな甘みから、
発酵の時に生まれる炭酸の静かな刺激に変わり、
最後はすっきりとした辛口ののど越しへと変わる味わいは、
瓶内発酵している生きているにごり酒独特の
美味さである。

ぜひ機会があればご賞味あれ。
コバさん ぜひ一度蔵元へ。

ゆめ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
  トップページ ダイアリー メモリーズ インフォメーション 投稿広場 プロフィール
本サイトの掲載記事および掲載写真の複製、転載、放送等を禁じます。
Copyright (C)kobasanjp. All Rights Reserved.