小林隆のひとりごと:投稿広場

 
トップページ
 
ダイアリー
メモリーズ
インフォメーション
投稿広場
プロフィール
 
 
2006.10.30
人生の不思議
 
2006.10.29
只者でない( ̄v ̄)!!
 
2006.10.27
熊がでるなんて?!
 
2006.10.26
完全に出遅れ(^^ゞ 
小林隆のひとりごと
小林隆 投稿広場
2006年10月31日
素晴らしいことですよね。

「逃亡者 おりん」の放映にあたり、母に電話をしました。

「小林隆さんが出るんだよ!」
「あらあら、大和の好きなたかちたん?どんな役なの?」
「家重だよ。」
「あらーっ、あの家重?難しい人物だよね。家重をやるのか・・・
それは楽しみだわ。難しい役なだけにどんな風に演じるのか見ものだね!」

そして放映が終わってすぐに電話がきました。
「面白かったねぇ。おりんはきれいでスタイルよくてさぁ。
小林さんは品のある顔なんだねぇ。愚鈍な役とはいえ、いい顔してたね」

そして放映二回目の後、また電話がきました。

「私もなっちゃったよ!」
「何になったの?」
「だからさ、小林隆さんのファンにだよ」
「何をいきなり言い出すと思ったら!」
「ほら、家重がさ、鳩をみつめて微笑むところがあったでしょ。
あの笑顔の素敵なことったらないね。優しさが瞳から口元から溢れ出ててさぁ
いやぁ、本当にいい顔してるねぇ。私もすっかり好きになっちゃったよ」
・・・・だそうです。
それからしばらく、母と盛り上がって話していました。

これからはきっと、おばあちゃんと孫の会話に隆さんが登場すると思います。
三世代で小林隆さんを応援していきたいと思います!

Mugiさんのおっしゃっていた「偶然の連鎖」。
私も本当にそう思います。
よく「偶然は必然」? ということを聞きますよね。
小林隆さんを介して出会ったこの縁は必然だったのではないでしょうか?
みんな、出会うべくして出会ったのかもしれませんね。

もしも前世というものがあるとすれば・・・
きっと、小林さんが師で私達は弟子という間柄とかで
小林さんを中心に集っていたのかも知れないですね。
いや、小林さんが村長さんで私達は村人?
いや、小林さんが親分で私達は子分?
小林さんが親分なら権田さんは大親分ですね!

なんだか考えだすときりがないのでやめておきますが
Mugiさんの文章を読んで、改めてこの皆さんに出会えた縁について
しみじみと考えてみたりしました。
ほんと、不思議ですね。いや、素晴らしいことですよね。

ささ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月30日
人生の不思議

小林さん、皆さん、こんにちは。

ふと、こんなことを考えていました。
「もし、お姉ちゃんがお義兄さん(高校演劇部顧問)と
結婚することがなかったら、私はお芝居を見る
楽しさを知ることも一生無かっただろう。
そして、お姉ちゃんたちが、三谷さんのドラマの
ファンでよく話に、三谷さんのお名前が
出てくることがなかったら、私は三谷幸喜さんの
ドラマをみることが無かっただろう。
そして、三谷さんのドラマのファンになり、
「新選組!」を見ることがなかったら、
小林隆さんという俳優さんを知ることもなかっただろう。
そして小林さんを知りファンになることが無かったら
こうして後援会員になることもなかっただろう。
そして、後援会員になることがなかったら、
権田さんはじめ、スタッフの皆さんや、
会員の皆さん(ひささん、さささん、大和君、
Oliveさん、鮎さん、かなさんはじめ、まだ
お会いしていない沢山の会員の方もふくめ)
との出会いも無かっただろう。
これって物凄い、偶然の連鎖!」
人生って本当に面白い。1年前の自分から
今の自分を想像することができない位、人生って
何が起こるかわかりません。でも、それは
「何が起こるかわからないからこそ、面白い」
と思うのです。
1年前には考えられませんでしたが、
皆さん、もう私の人生という舞台の登場人物のお一人なんです。
これからもよろしくお願いいたします。

そして、何気なく「テレビ東京だから大丈夫かなと思った」
と書いてしまったことで、またまたOliveさんたちに
お気を使わせてしまうことになって申し訳ありません。
東京に行ってテレビを見ると、「こんな番組大阪で
やってないなあ」と思うことがよくあるのです。
たまたま今回は、「テレビ大阪」が「テレビ東京」の
系列局として放送してくれているので、私は
「逃亡者 おりん」を見ることが出来ますので
とてもluckyでした。私は自分の生まれ育った町が
好きだし、出て行かねばならない理由が無いので
この町に、この家に暮らしていますから、「地方であることの
不便さ」も込みこみでの「愛する我が家・愛する故郷」
です。地方と言っても大阪で、かなり恵まれた
状況におりますので、他の地方の方々は
本当に「逃亡者 おりん」をごらんになれず
寂しい思いをされているかもしれない、ということはよく
解ります。ですから、そういう方たちにも、DVDがでるまで
「番組が見られる私たち」が、このサイトで
色々報告をさせていただく
というスタンスで、よろしいのではないかと思います。
多分、後援会の方は、そういう風に、Oliveさん、
カエル1号さん、そして私の「逃亡者 おりん」情報を
読んでくださっている方ばかりだと私は思います。
と言っておきながら、私も、2007年の「恐れを知らぬ川上音二郎一座」
に関しては、やはりちょっと東京の方が羨ましい。
「シアタークリエ」さんに、杮落とし公演だから
多分そうだろうな、と思いつつ問い合わせの電話を
しましたところ、案の定「今のところ地方公演の予定はありません」とのこと。
三谷さんの脚本での出演ですので、絶対このお芝居、
そしてこのお芝居に出演される小林さんを生で見たいのですが、
それは叶わないみたいなので、やっぱりちょっと関東の方が羨ましい。
何とかして地方公演を実現していただけないでしょうか、
まだまだ1年もありますし、というのが正直なところです。
ほな、あんたの主張は、結局どっちやねん、という突込みが入りそうですが、
みなさんに、Oliveさんや、カエル1号さんの優しさは
十分伝わっていると思います、というのが結論です。

今日はまた、大阪は良い天気で、「9月みたい」な
暖かさです。皆さんのお住まいの場所ではいかがでしょうか?
周りに風邪を引いている方が沢山いらっしゃいます。
季節の変わり目で、暑くなって見たり、冷え込んだり、
と体が着いていけないのでしょうね。
小林さん、皆さん、どうぞお体ご自愛ください。
皆さんにお会いできるのを楽しみにしております。

2006.10.30

with all my heart

Mugi

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月29日
只者でない( ̄v ̄)!!

「逃亡者おりん」第2話、観ました。

ドラマの中盤あたり。
庭(?)で鳩にえさをやっている家重。
鳩小屋に顔がくっつきそうなほど。

「上様、老中…なんとかんとか…密かに面談されたとのよしにこざいます。」
と家重に報告をする大岡。
大岡を見て
「やはり、奴の猿知恵か?」
と、はっきりしない口調で問い返す家重。
「御意のとおり。おそらくは田安宗武様のご指示に相違ありません。」
「探りを怠るな。」
と、大岡に命ずる家重。
「ははっ。なおも探索を。」
下がる大岡を見送り、ちょっと息をつく家重。
そこへ遠くから鳩が。
それに気がついて、腕を差し出す家重。
その腕に鳩がとまる。
そして、その鳩を見ながら、満足気に笑い頷く家重。

ドラマの最後。
やはり鳩にえさをやっている家重。
「上様」
と大岡。
「なんだ。」
大岡を見もしない家重。
「御政務をおとりになられる刻限にございます。」
「わかった、すぐまいる。」
と言いながらも、鳩小屋から離れる気配もみせず、嬉々としてえさをやる家重。

最初の鳩小屋の場面。
大岡が下がってからの家重の表情の微妙な変化。
鳩も、ただのペットではなさそうな・・・・・。
やはり、家重は只者ではない!と感じさせておきながら、
最後の場面では、「政務より、鳩と遊ぶ方に興味がある将軍」という様子をみせる。
「鳩さん、可愛いなぁ~♪」とでも言い出しそうなくらい。
そのギャップが、なんともいえません♪
来週も楽しみっっっ!

そういえば、カエル1号さんによれば、TV東京は全国6局くらいのネットだとか…。
本当に全国の皆さんで楽しむ事ができればいいのに…。
ご覧になる事のできない皆さん、ごめんなさい。


ダイアリー「初心」を読んで、ホントにそうだなぁ…と思いました。
初めてのお給料で買ったグラブを、ずっと使い続けていたという話にも、じ~んとしました。
いつでも、初心・原点を忘れない方だったんですね。
できそうで、なかなかできない事だと思います。

寄居の子熊ちゃんも無事捕獲されて、何よりでした。
ちょっと怖いですけれど、寄居には自然がいっぱいという証明のようなものですね。

10月ももうすぐおしまい。
なんだか、あっという間ですねぇ!

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月27日
熊がでるなんて?!

仲村和生さんのブログ(10月23日)に、小林さんが今度出演される舞台の事と小林さんの事について触れているものがありました。
こういう記事を読むと、舞台を観るのが、ますます楽しみになってきますね♪
あぁ~!本当にチケット、取れるかなぁ?

http://www.chochomi.com/nakamura/

それより!
寄居に熊が出たとのニュースに、驚いています。
確かに山は近かったですが、熊がでるなんて?!
子熊らしいですが、こどもがいるという事は親がいるという事ですものね。
お嬢さん達も権田さんも、お気をつけてくださいね。
熊などに出会うことが、ありませんように!


Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月26日
完全に出遅れ(^^ゞ 

懇親会のお知らせどうもありがとうございます。
バスツアーや花火大会には参加できなかったので
せめて飲み会ぐらいは…と思っていたのですが
丁度会社の研修と重なってしまいました。
その日は下丸子でかんづめです(T_T)
いつもみなさんの楽しいメールを読ませていただき
イベントひとつごとにどんどん親密になっているなぁと感じています。
(完全に出遅れ(^^ゞ )
いつもお誘いいただくのに欠席は心苦しいのですが、
今回も欠席です。ごめんなさい!!
いつか必ずみなさんのお仲間に入れていただけきたいと
心より思っています。
では、寒くなったり暑くなったり気候が不順ですが
お体に気をつけて。

☆★ 純 ★☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月26日
「逃亡者 おりん」評

小林さん、みなさん、おはようございます。
Mugiです。

「交渉人 真下正義」の続きも拝見することが
できました。大和君の「ちろもいいよねえ・・」
が、頭に残っていたので、「白の制服だったら
どうかしら」などと、考えつつ・・・
今回の映画のお衣装に関係なく、
小林さんの色、と考えると「やはりイメージは
白な感じかなあ」と思います。
小林さんの醸し出す雰囲気と、誠実なお人柄
そして、井上源三郎から、それとは全く違うなぞの将軍
家重まで、いろんな役をこなされる、どんな役にも
染まっていかれるところから、そんな風に思うのだと
思います。それを若干3歳にして見抜く、大和君は
凄い!

そして、以前に書きました、次回小林さんに
やっていただきたい役柄、という、「半七捕物帳」
についてですが、このサイトをきちんとチェックしている
姉に、書いたことがばればれで、お小言をいただきました。
お姉ちゃんごめん。でも、「半七」という親分が、
よくある時代劇に出てくるような、あくのつよい、ぎらぎら
した感じの十手持ちではなく、とてもさわやかな感じの
生粋の江戸っ子で、物語りも毒々しさがなく、
「これをドラマ化するなら、やっぱり
小林さんの半七がぴったりな気がする。ほかの
人では、原作のよさも、全体のドラマの感じも
壊してしまう気がする。」と思いました。
NHKの「木曜時代劇」(でしたっけ?)などで
実現するといいなあ、と思います。

そして本題なのですが、我が家の新聞に
載っていた、秋からの新番組の評に、
「逃亡者 おりん」について
「意外と(失礼な!)掘り出し物」、
「誰を信用していいのかわからない陰謀渦巻くストーリーに
引き付けられた」等のコメントが載っていました。
お色気シーンがあったこともふれてあって、そのことでも
人をひきつけるかもしれない、ということも
書いてあったのですが、作品自体のことが
褒められていたことが、私が出演したわけではないのですが
とても嬉しくなりました。
家重って、本当に愚鈍なのか、愚鈍を装っている
だけなのか、ちょっと今のところなぞですものねえ。
これからが楽しみです。

だんだん寒くなってきました。小林さんみなさん、
お体に気をつけてくださいね。
近々、皆様とお会いできることを楽しみに。

2006.10.26

See you soon.

Mugi

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月24日
謎多き将軍?

「逃亡者おりん」見ました。
家重公は言葉が不明瞭で愚鈍と呼ばれていた
という人物だということで
難しそうな役柄だなと思いつつ見ていたのですが
実は切れ者だという設定なのでしょうか。
両極端なコバさんの演技に引き込まれてしまいました。
お茶をたてる佇まいの優雅な事といったら!
体温が2度くらい上がってしまいましたよ。
あの良く通るお声で「笑止な」とか言われてみたいです‥‥。

物語自体はまだまだ謎の部分が多く
(家重公が鍵を握っているのか?)
どのような事が巻き起こっていくのかという感じですね。
おりんさんが娘さんと再会出来るのは何時の日か。
これから2クール間、楽しみたいと思います。

それにしましても
エンディング曲には度肝を抜かれました。
何やらスカの軽快なリズムが聞こえてきたと思ったら
やっぱりスカパラ!
あの微妙なバランスが良いのかもしれませんね。

カエル1号

追記
そういえば、テレビ東京は全国6局くらいのネットなんですよね。
放送されていない地域にお住まいの方々すみません!
DVD化はいつ頃になるのでしょうね。

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月22日
「逃亡者おりん」見ました(*^^)v!

小林さんの将軍家重、また今までの小林さんとは違った顔でよかったです!

鷹狩りの場面。
座っていても落ち着きのない感じがする将軍家重。
「そろそろお出ましを」
と大岡に促されると
「やだ!やだ!どけ!帰る!どけどけ!」
と、まるで駄々っ子状態となる家重。
その家重を物陰から鉄砲で狙う怪しい男。
「上様!」「上様!」
と家重が皆に押しとどめられ、もみ合っていると、家重の被り物の編み笠(?)の様な物に鉄砲の弾が!
無様に仰向けにひっくり返る家重。
そして、大岡にしがみつく。

城内。
家重がもごもご何か言うと、大岡が家重に変わって下知をする。
家重はただ座っているだけ。
なんとなくおどおどしているような、そして大岡をすがるようにみるまなざしがなんとも…。

そして、ドラマが進んでいくと、謎の人物が登場。
お茶をたてながら、倉沢からの報告を聴く。
「笑止な」
「事の真相をなんとしても突き止めろ」
と落ち着き払って命令。

ドラマの最後の方、再び謎の人物。
「おりんを泳がせ、陰謀の真相を突き止めるのだ」
と、再び倉沢に命令。

顔は映らないのですが、この人物は・・・・・。

ドラマの最後に家重が御台所に膝枕で耳掃除をしてもらい、こどものように笑っている場面もありましたよね。

言語不明瞭で愚鈍と言われている家重。
「本当にこんなんで将軍?!大丈夫?!」と、小林さんは十分に感じさせてくれました。

そして謎の人物。
顔は映らず、手元や声だけしかわからないのですが、
それでも「腹が据わっていて、頭が切れそうな人物」という印象を受けました。

来週、再来週…と、これから小林さんが、どんな家重をみせてくれるのか、とても楽しみです!


ところで、私は「小林さん出演の連ドラが始まる~♪」とひとり浮かれていたのですが、
TV東京は全国ネットではないのでしょうか?
Mugiさんは「うちのTVは大丈夫みたい」と書いてらっしゃったので、きっと関西地方ではご覧になれたのではと思いますが…、
由加里さんやRickyさんがお住まいの九州などでは放送されているのでしょうか?
なんだか気になってしまいました。
この「逃亡者おりん」は、小林さんを応援する全国の皆さんが、全員観る事のできる番組ではないのでしょうか?

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月22日
◇ 2006 年末懇親会 日程決定! ◇

お待たせしました。
2006年 小林隆後援会年末懇親会 の開催日程が決まりました。

日  時  2006年11月25日(土) 5:00PM ~ 7:30PM
開催地  池袋(東京都)


詳細はメールかファックスでお送りしますので、奮ってご参加下さい。

小林隆後援会事務局


<おまけ情報> コバさんは、明日は京都で撮影だそうです。


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月19日
いよいよ(^∀^)♪

「逃亡者おりん」いよいよ明日からですね!
カエル1号さんも書いてらっしゃいましたが、まさに「高揚感」!
ワクワクのドキドキです♪
楽しみです(≧∀≦)!
早く見たいですね、本当に!
(「カエル1号」の文字に「おぉ♪」と嬉しくなりました。お元気ですか~?)


「古畑任三郎vsSMAP」観ました!
Mugiさん、苗字の件、ありがとうございました!
しっかりと、聞き取ることができましたョ♪
いや~、向島さん!
旧姓東国春さんに戻ってしまわれたのは、この時だったのですか?
珍しいというか、あまりないというか…芸名のような苗字ですよね。
それにしても、古畑さんをお迎えする時の向島巡査、いやいや東国春巡査の笑顔は
最高ですね!
実に嬉しそうで、心底しあわせそうな笑顔で
見ている方も、しあわせな気分にさせられるようです。

「交渉人 真下正義」では東京トランスポーテーションレールウェイの職員。
「無理言わないでくださいよ。イブですよ、イブ。」
という小林さんの声が聞こえてきた時「わっ!出た!」と声に出してしまいました(笑)
きびきびとした働きぶりが素敵でしたね!
「くも」が止まって職員同士、握手する場面では「よかった!」という気持ちが伝わってくるようでした。
Mugiさん、早く続きを観る時間が取れるといいですね。
勿論、楽しみにしている時間、もいいものですけれど…♪

大和くんの着眼点も、なかなかですね!
確かに「ちろ(白)とかもいいよねぇ」ですよねぇ~!
「花田少年史」での、白衣姿も素敵でしたから、たかちたんはちろとかもいいと思います!

でも、交差点をウルトラマンのように滑ったことがあるなんて…!
ご無事で何よりでした!

kyoさん、ミニミニ情報、ありがとうございました。
少しでも、小林さんの事が書かれているのを読むだけで、嬉しい気分になりますよね♪

それから
Mugiさんもカエル1号さんもkyoさんも、異口同音に
小林さんがお元気になられて安心、と書いてらっしゃって…じんわりした気持ちになりました。
きっと、小林さんを応援してらっしゃる皆さん、そういうふうに
「元気になられてよかった」
と思ってらっしゃるのでしょうね。

さぁ、本当に金曜日があと数時間でやってきます!
楽しみっっっ\(^o^)/!!!

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月16日
コバさんミニミニ情報

こんばんは、kyoです。
旅レポは初めてだったのですが
Olive☆さんにあたたかいコメントをいただき
うれしく思います。
ありがとうございます。

歴史をたどってみて
本当にそこに土方さんたちがいたんだなって
実感することができました。


コバさんミニミニ情報。
堀内敬子さんのブログはいつも見てるのですが、
10/14にコバさんのことが書かれています。

「最悪な人生のためのガイドブック」での
コバさんの生き生きしたお姿を思い出しました。
お元気になられたようでよかったです。

コバさん、みなさん季節柄 お体に気をつけてください。

では失礼します。

kyo

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月16日
「・・・、ちろ(白)とかもいいよねぇ」

皆様、こんにちは!
先日の大雨の際はご心配をおかけしました。

会社の方はコンピューターや大事な物は机の上にあげ
コンセントには防水対策をして帰りましたので、なんとか無事でした。
家の方は・・・案の定、寝室のサッシから水漏れしていました。
壁際に置いてあるベッドがかなり濡れてしまっていて
寝心地の悪い ウォーターベッド になっていました。トホホです。

雨の日のバイクは滑りやすくて怖いですよね。
だいぶ前ですが、濡れたマンホールで豪快にこけて
地面の上をサーッと 長い距離を滑ったことがあります。
道路を空と見立てるならば、そう、まるでウルトラマンのように・・・
幸い、夜中ということもあり 広い交差点でしたが
まわりに 車も人もいなかったので、ほんとにフツーにただ滑っただけで
地面が濡れていたおかげで 服も破れず、痛みもさほどなく
滑り終わったところで、これまたフツーに立ち上がり
「うわっ、原チャリが遠い!」とぶつぶつ言いながら
歩いてバイクまで戻り、バイクを起こして帰りました。
今思えば無事でよかった経験ですが
誰かに見られていたら・・・恥ずかしいですね。

Mugiさんのおっしゃる通り、大和は相変わらず小林さんがテレビに映ると
「たかちたんだ!たかちたんだ!」と飛び跳ねております。
ちょっとぐずっていても「ほら、隆さんだよ!」と言うと
ぴたっと泣きやんで、テレビをじーっとみて ニマーッと笑い
すぐに機嫌を直します。

先日の「交渉人~」を観てる時は
「なんで たかちたんはみどりいろのおようふく?」と、
ストーリーと関係のない所に食いつき、うるさくて困りました。
「たかちたんはたぁ、みどりもいいけれど ちろ(白)とかもいいよねぇ」だそうです。
だんだん生意気になってきますが
隆さんファンの心意気だけは負けてないようです。

ちっこいのからおっきいのまで(?)
皆が隆さんの活躍を楽しみにしているんですよね!

朝夕とめっきり寒くなってきましたが、小林さん、みなさん、
くれぐれも体調を崩されませんように。

ささ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月16日
待ちに待った金曜日!

少し御無沙汰しておりました、カエル1号です。
コバさんを始め皆々様お変わりないでしょうか。

春頃から心待ちにしていました時代劇「逃亡者おりん」も
いよいよ今週から始まるのですね。
連続ドラマが始まる前のこの高揚感、
「マチベン」が始まる前を思い出すようです。
コバさんの役柄は中々変わった方のようですね。
どのように演じられているのか、とても楽しみです。

舞台もまだまだ先ではありますが
楽しみで仕方ありません。
‥‥ただ、果たしてチケットは取れるのか?なんて
今から不安に駆られてもいます。
この辺りは、まぁ、根性でなんとかしませんと‥。

そういえば、先日大変遅ればせながら
「花田少年史」見てまいりました。
噂に違わぬといった感じで
コメディタッチな中にも感動的なシーンが散りばめられていて
特に運動会のシーンではらはらと涙が出てきてしまいました。
ラスト辺りでの西村氏とのシーンではハラハラドキドキしてましたよ。
ここがよほど印象に残ったのか、同行させた同居人が
「いつもと違ってバイオレンスな役だったね、小林さん」
との感想を呟いておりました。

コバさんは最近とてもお忙しかったのでしょうか。
「イマイチ元気がなかった」というのに心配になってしまいましたが
山本さんと吹石さんにパワーをもらったとありましたので
ほっと胸を撫で下ろしてしまいました。
気心の知れた共演者の皆様との暖かいやり取りが
こちらまで伝わってくるようです。
それにしましても、このお二人と共演となると
もしやあのドラマなのかしら‥‥と色々推測してしまっています。
ネットの海で情報を探しつつも
こちらのインフォメーションで公開されるのを楽しみにしてます。

それでは、この辺にて。


カエル1号

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月15日
小林さんが一杯!

みなさん、こんにちは。Mugiです。

なんだかこの秋は思う存分小林さんの姿を
拝見できて、とても嬉しく思います。

Oliveさん、お体の具合はいかがですか?
まだ、「古畑任三郎」をごらんになっていないのですね?
それでは、実は向島刑事の苗字が向島ではない、
そして、「えっ」と聞き返すような苗字にあの時点では
なっていた、と言うことだけお伝えします。
本当の苗字、聞き逃さないでくださいね。

昨日も、「交渉人 真下正義」をじっくりみるため、
夕飯を早く食べ、もう寝支度をして
ベットで見させていただきました。(お行儀悪くてすみません)
小林さんがお写りになって、台詞を話されるたびに
ドキドキしながら・・・・・でも、土曜日はいつも忙しい日なので
ばたばたしてしまいうので、10時半位まで記憶があるのですが、
そこからぱたっと記憶が途絶え、気がついたら2時をまわっており・・・
という体たらく。
しかし、ちゃんと録画もしてあるので、続きを
見られる時間ができるまで、我慢します。
それまでずっと楽しみにできるので、なんだかそういうドキドキ
ふわふわした気持ち、好きです。

そしていよいよ、今週から「逃亡者 おりん」が始まりますね。
とても楽しみです。テレビ東京と言うことで、関西でも
見られるのか心配していたのですが、家のテレビは
大丈夫みたいで、安心しました。
さささんのお家では、テレビに映る小林さんを見て、
大和君が、「たかちたん!」とはしゃぐのかな、
Oliveさんは、食卓でご家族とともに、
団欒の中でご覧になるのかな、
かなさんは、お仕事の都合が上手くつくのかな、
などと考えてみたりしています。

この秋は小林さんが一杯で、本当に幸せです。

ダイアリーに「ここのところイマイチ元気がなかった」
と書かれていたのが、少し気になりました。
余計なお世話ですみません。
でも、「新選組!」でもご一緒だった
山本耕史さん、吹石一恵さんとお会いになったことで
お元気になられた、というので安心もしました。
どうぞ無理をなさらず、お元気でいてください。
舞台もひかえていらっしゃるので、お体どうぞご自愛ください。

権田さんはじめ、スタッフの皆さん、ひささん、さささん、大和君
Oliveさん、かなさん、鮎さん、カエル1号さん、皆さんお元気でしょうか?
そしてまだお会いしたことの無い会員の皆さん、
そしてもちろん小林さんに、お会いできることを
楽しみにしております。


2006.10.15

with my heart

Mugi

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月13日
楽しみが続々\(^o^)/♪

先日は「古畑任三郎vsSMAP」の再放送があったし、
(録画しましたが、まだ、観ていません。楽しみ~!)
明日は「交渉人 真下正義」が放送されるし、
来週には「逃亡者おりん」の放送が始まるし、
本当に、楽しみが次々とやってくるようで、嬉しいかぎりです♪
自然と顔の筋肉がゆるんでしまいますぅ~♪


kyoさんの「念願の函館」を興味深く読ませていただきました。
私は函館に行った事がありませんので、どの写真を見ても「おぉ~!」という感じでした。

五稜郭って、大きいんですね。
フレームの中に納まらないなんて!
石垣もすごいなぁ…。
旧幕府軍は「脱走軍」と表現されていたとか・・・・・。
やっぱり、歴史は勝者によって作られていく、という事なのかもしれませんね。
「なんだか悲しくなっちゃいました。」というkyoさんの言葉、わかる気がします。

お金に関するエピソードも土方さんの人柄を偲ばせますね。
「脱走軍」とされていても、かっこいい土方さんのブロンズ像がある、ということは
やはり、土方さんや新選組は人気がある、という事の証明ですよね、きっと!

それから、夜景。
昼→夕→夜と変化していく様子がよくわかって素敵ですね。

ホッケ、大きいですね~!
お皿から、はみ出しているではありませんか?!
割り箸と比べてみても、そのサイズが「とても大きい」事が、実感できます!
おいしかったのでしょうねぇ~。

マンホールのデザインも、ご当地色が出ていて、面白い~!。

一本木関門にも、いらしたのですね。
kyoさんも、書いてらっしゃいますが、夕方で薄暗いせいか、なんとなくもの淋しい雰囲気が…。
それでも、お花がたくさんお供えされているのが、気持ちを温かくさせてくれました。

写真がたくさんのレポート、函館の雰囲気が伝わってくるようで楽しかったです。
ありがとうございました!

ひささんの、ドラマ「チルドレン」についてのレポートも楽しかったです♪
観ることができなかったドラマなのですが、なんとなく情景が目に浮かんでくるような、ひささんの表現に、まるでドラマを見たような感覚に…?!

観察眼するどく、指導力もあり、しかも紙相撲で遊んだりもする(笑)なんとも魅力的なキャラクターですね!
お行儀良く、美味しそうにお食事をされる姿…小林さんご自身もそうなのでしょうか?!…そんな気持ちになりますね!
三つ揃えのスーツにコートに帽子をおしゃれに着こなしているなんて…かっこいいですね~!
シリーズ化の可能性はないのでしょうか?
(でも、我が家はWOWWOWには加入してないので、観られませんが…)

劇場版「CHiLDREN チルドレン」についての情報も、ありがとうございます。
全く知りませんでしたので、「えぇ?!」とビックリしました。

こちらのサイトでは、色々な方達から、色々な情報を得る事ができて、本当に有難いと思っています。
皆様、いつも本当にお世話になっています!
ありがとうございます!!!

Olive☆

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月13日
知りたいっっっ!!!o(>v<)o

山本耕史さんと吹石一恵さんとの共演?!
「新選組!」仲間との共演ですね!
小林隆さん・山本耕史さん・吹石一恵さんと3人のお名前が並んだだけでも、なんだか嬉しくなってしまう私です。

なんのドラマでの共演なのでしょう?!
知りたいっっっ!
とっても、とっても、知りたいっっっっっ!!!
でも、きっとナイショなのでしょうね(笑)

吹石さんが、和服で若くて綺麗で素敵なおかあさん…?
和服という事は、「逃亡者おりん」なのでしょうか?
公式HPの「登場人物」の欄にはお名前がありませんでしたから…おふたりともゲスト…?
でも、「登場人物」の中にお名前がなくても、セミ・レギュラーみたいな場合もありますよね…?

いや、現代のドラマで和服を着ることだって、あり得ますものね~?
全く違うドラマという可能性もありますよね?
それなら小林さんは、どんな役?
山本さんは、どんな役?
気になりますね~!

それにしても、イマイチ元気がなかったという小林さんが、おふたりからパワーをもらって充電する事ができたというのですから、
おふたりは魅力的な共演者であるだけでなく
素敵な仲間なのでしょうね♪
そんな素敵な仲間がいるという事が、また素敵ですね!

素敵な仲間の皆さんと、これから先も充実した楽しい撮影ができますよう祈っています!

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月12日
「交渉人 真下正義」 フジ放送

小林隆 出演 「交渉人 真下正義」 放送
10月14日(土) フジテレビ 9:00PM ~ 11:34PM

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月09日
WOWWOW ドラマ「チルドレン」

5月のバスツアーと重なってそのままにしていた
WOWWOW ドラマ「チルドレン」を見ましたので、報告させていただきます。

原作は伊坂幸太郎さん。「陽気なギャングが地球を回す」も映画化になりましたね。
監督は「アキハバラ@DEEP」「大停電の夜に」「東京タワー」などで大活躍の源孝志さん。

三谷さんの作品でおなじみの近藤芳正さん・相島一之さん・田口浩正さんも出演されていました。
しかし、残念ながらコバさんとの共演シーンはありませんでした。

物語は…
家庭裁判所に勤める武藤は、職場の先輩・陣内と銀行強盗事件に巻き込まれる。
無事に解放されるが、武藤は一緒に人質になっていた美春に一目ぼれ。
陣内は武藤に「あの子と再会して恋に落ちる」と予言し、美春の居場所を教える。
職場での武藤は、誠実でまっすぐに子供たちと向き合うが不器用な面もあり、
子供たちに馬鹿にされてしまうことも。
そんな中、事件の翌日、武藤は木原志朗という万引きで補導された少年を担当。
しかし、志朗の父親に対する様子には何か違和感があった。
そして、武藤は志朗の驚くべき秘密を知り、事態は急展開を迎える…。

コバさんは主人公の武藤が勤める家庭裁判所の主任調査官の小山内光一さん。
武藤俊介(坂口憲二)さん・陣内達也(大森南朋)さん・間島茂子(渡辺典子)さんと一緒の事務所です。

私が注目したコバさんのポイントは3つ!

【その1】キャラクター
小山内さんは50歳前後?いつもの役より落ち着いた印象を持ちました。
口数は少ないものの観察眼は鋭い!
後輩(陣内さん)の良さを見抜いていて、そして一職業人としてそのの存在を認めています。
仕事に悩む武藤さんへ押し付けるでもなく、さりげなく寄り良い方向に導く指導力も持ち合わせています。
その一方で、お茶目な一面も!
陣内さんと紙相撲(二つ折りの紙製の力士を先に倒したほうが負け)で遊んでいる小山内さん。
気まぐれな陣内さんは飽きてしまって「もう止めた!」
物足りない小山内さんは「茂子さ~ん」と間島さんの所へ…
「しょうがないですねぇ」と言われながらも相手をしてもらう小山内さん。
各自が独立して仕事をしている職場でありながら、互いの存在を認めあう素敵な職場だなと羨ましくなりました。

【その2】食事
男性3人は食堂で横一列で昼食。
後輩2人のおしゃべりを横に悠々自適で食事をする小山内さん。
背筋を伸ばし、お行儀よく、最後にはナプキンで口を拭いて「ごちそうさま」
美味しそうに食べておいででした。
天井の高い食堂も、素敵でした。

【その3】ファッション
三つ揃えのスーツの似合うダンディな小山内さん。
珍しい襟付きのベストを着こなしています。
ある日は、スーツの上にコートを羽織って帽子をかぶってご出勤。
その姿は、懐かしい「善き日本人」を感じさせるものでした。

向島さんや源さんとは、また一味違うキャラクターでした。
年齢がいつもより上のように見受けられたので、今後のご活躍の可能性に胸がときめきました。

WOWWOW加入にていなくても「チルドレン」が見られます。

劇場版「CHiLDREN チルドレン」が公開決定!
渋谷シネ・ラ・セットにて11月4日(土)より、モーニング&レイトショー!

東京近辺の方はスクリーンでコバさんに会えますね。
地方はどうでしょうか?


ひさ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月08日
念願の函館 - 2

〈2日目〉

函館には五稜郭のほかに四稜郭や弁天台場など見るところはたくさんあるのですが、とても一度に回れる距離ではなかったのです。
とても離れたところにあるためいけませんでした!残念!
今の時代でも何時間もかかるところを当時は道も整備されていない山道を馬で行き来していたかと思うとすごいなぁと思いました。

hokke.jpgそのため、この日のメインは函館観光となりました。
函館ラーメン、イカ刺しはおいしかったです。
食べ物も写真に収めようと決めていたのに
つい、目の前にくるとそちらに脳がむかってしまい、
食べてから気づくパターンばかりでした(汗)
唯一、根ホッケ定食は友達から「写真撮らないと!」
といわれ、間に合った写真です。
本当に大きくてびっくりしました。
長さ30センチくらいはあったと思います。
普通のホッケは結構淡白な味だと思っていたのですが、この根ホッケは一年中函館沖にいるためか、身がふわふわしてました。硬くないんです。
一日20匹くらいしか取れない貴重なホッケだそうです。
kyu-koukaido.jpgperiy.jpg









友達は土産にしたかったのですが家に着く時間を考えると無理なのであきらめてました。
ですので皆さんも函館にいくことがありましたらぜひ函館で食することをお勧めします。
さらに一人で一枚はとても多くなってしまうため
二人で一枚で頼まれたほうがよろしいかと思います。
私たちは2枚頼んだため大変苦労しましたっ。
そのほかには旧函館区公会堂やベイエリアの散策をしました。
ペリーさんにもお会いしましたよ~。

manhoru-ika.jpg
あと函館ならではと思ったのは
下水のマンホールがかわいらしいイラストになっていました。
見つけられたのはこの3種類ですがもっとあるのかもしれません。

manhoru-kyoukai.jpg




manhoru-5hoshi.jpg








最後に土方さんの最期の地、一本木関門へいきました。
日が暮れてから向ったこともあるのでしょうが
なんとも淋しい気持ちになってしまうところでした。。。

sekimon.jpg

以上函館レポでした。
ポイントを押さえてかくことできず、長くなってしまって
すみませんでした。。

では失礼いたします。

kyo

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月08日
念願の函館 - 1

みなさん、こんばんは。
ごぶさたしております。kyoです。
先日 念願の函館に行ってきました。
新選組!巡りも最終章になりました。
組!巡りプラス観光の様子をレポさせていただきます。

〈1日目〉
着いたそうそう飛行機の中からみえるのは嵐のような雨でした。
でもこの雨のおかげで組!のオープニングのような見事な入道雲が広がり、
あのテーマ曲が頭の中で流れっぱなしでした。

goryoukaku-1.jpgまず五稜郭に向いました。
タワーの上から五稜郭全体をみたのですが、大きすぎて写真にはおさまらなかったです。
タワーは今年の4月から新タワーになっており、五稜郭のほかに町並みを360度見て回ることができます。
五稜郭が当時使われていた建物の模型がありました。

ただひとつ気になったことは土方さんたち旧幕府軍を説明文では脱走軍(兵だったかもしれません)という表現でされていました。
mokei.jpg確かに新政府軍からみたらそうなのかもしれませんが、
組!の立場から見てしまうため、脱走って言う言葉にひっかかってしまいました。
なんだか悲しくなっちゃいました。

余談ですが、函館に行く前に続組!をみたときにたまには榎本さんの立場から見てみようと決めていたのに結局土方さん即ち組!側からしか見れませんでした。
そしてタワーを満喫したあと、実際に五稜郭の中を歩いて見ました。
敵から五稜郭を守るために工夫がされていました。
goryoukaku-kumo.jpgこの石垣はかなりの高さがあります。
そして敵が上ってきても上に屋根らしきものをつけることによって上れないようにしたそうです。
というかこの石垣をよじ登るのも大変なことだと思いましたね~。
五稜郭自体もヨーロッパの城郭都市をモデルに作られているそうです。

次に土方さんのブロンズ像とご対面しました。
かっこよかったです!
写真にあの組!雲を入れられなかったのが残念でした。
ishigaki.jpg
移動しまして、
土方歳三・石川啄木資料館に行きました。
ここでは土方さんが一本木関門に向うときに直接行ったのではなく、
途中でお金を借りていた商家などにお金を返してから向ったという事実を知りました。
最後まで地元の農民からお金を借りるのを一人で反対していたのも土方さんだったと。
これって土方さんが組のときから京都の治安を守ることからきているのかなと思いました。
同じ農民であった土方さんが地元の人々を守るというのは土方さんにとっては自然なことだったのかなと私なりの解釈ですが。
この頃の土方さんは近藤さんになっていたような気もします。

douzou.jpg





















yamayori-1.jpg1日目の締めくくりは夜景です。
2回目なのですが、日の入り前から見たのは初めてでしたのでゆっくり見ることができました。
完全に暗くなった夜景よりもなる直前の夜景が一番きれいだと思いました。
私のデジカメも古いので(汗)、
今のカメラのような夜景モードもなく、これでベストショットになります。
パンフのようなきらきら感は出せませんでした。残念!


yamayori-yuugure.jpg

yamayori-yakei.jpg

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月07日
新井製菓

こしょうせんべい、人気ありますよね。うちも両親が大好きです。
確か東京では三越あたりで売ってますよ。

さてさて、今月は小林さんの時代劇始まるとのこと。
時代劇は勉強になるし、そのうえ小林さんも出るし、一石二鳥です。
とても楽しみ。

きっこ

2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月07日
大変でしたね(>。<)!

昨日は大丈夫でしたか、さささん?
本当に昨日は台風のような激しい暴風雨でしたから…。
あの、暴風雨の中を、50ccのバイクで帰るのは、怖かったのではないでしょうか?
きっと、怪我もなく、無事にお家に帰られただろう…と思いつつも
外の暴風雨の音を聞くと、やはり心配に…。

さささんだけでなく、皆さん、通勤通学の時に靴から服から何もかもずぶぬれになってしまったのではないでしょうか?
あの風では、傘なんて、役にたちませんよね。
皆さん、風邪などひきませんように…!

でも
「みんな、帰る前に堤防を作れ!」
には、ちょっとクスッと笑ってしまいました。
ごめんなさい。
それほど会社が大変な状況だったということですよね。
皆さん、堤防を作ったのでしょうか?
大事な書類などは無事だったでしょうか?
お家も大丈夫でしたか?
被害がひどくない事をお祈りしています。

それから、「黒胡椒せん」!
もしかしたら、1度食べた事がある・・・かも・・・・・?
「胡椒が嫌いじゃなかったら、どうぞ」
と、以前、同僚の方から1枚いただいたことがあるのです。
薄焼きで、お醤油味がベースで、表面に胡椒の粒がついていたのですが・・・・・?
違っているかもしれませんが、
もし、それだったら、胡椒の味がきいて、美味しかったです。
お酒のお供にもいいかもしれませんね。

このあたりは、昨日と打って変わって、すっかり秋晴れです。
明日もいい天気になりそうです。
でも、東北の方は、大雨のようですね。
本当に皆さん、お気をつけてください。

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月06日
胡椒といえば

このすごい雨・・・皆さんは大丈夫でしょうか。
私の勤めている会社では、なんといきなり壁つたいに水漏れがして・・・
朝からコンピューターを上にあげたり、大事な書類のファイルを移したりと
てんてこまいです。
壁つたいの床にタオルを置いてもすぐにぐっしょりで、取替える作業に追われています。
今、業者さんが来てくれましたが・・・
このままでは夜、会社に誰もいなくなったらきっと床は水びたしになっちゃいますね。
会社も心配ですが、私の住んでいるマンションもかなり古いので
今頃、寝室のベッドは濡れているかも・・・
と、気が気ではありません。

それはそうとベビースターラーメン。
観光地では結構、そこの土地の味で売ってますよね。
長野では確か、わさび味の信州そばに見立てたベビースターがありました。
ついつい新しい味をみつけると買ってしまうのですが
胡椒をかけて食べるベビースターは知りませんでした。
胡椒好きの私なら絶対に食いつくと思うので、きっとまだ出会ってません。

胡椒といえば、深谷にある新井製菓㈱の「黒胡椒せん」に病みつきです。
埼玉県内、都内、神奈川県内などに支店があるようです。
是非、胡椒好きな方は召し上がってみて下さい。
ほんとにおいしいですよ!!!
小林さんのお酒の友にもなると思いますよ。
なぜなら「黒胡椒せん」は私のお酒の親友ですから。

まだまだ続く雨・・・
業者さんは結局、何も出来ない状態らしく帰ってしまいました。
社長が言った一言
「みんな、帰る前に堤防を作れ!」????
どうなることやら・・・。
それも大事だけれど、我が家も心配。
いや、その前にこの雨風の中、50CCバイクで帰るのが心配。

皆様もくれぐれもお気をつけ下さい。

ささ


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月05日
憧れのベビースターラーメン…(^。^)…♪

ベビースターラーメンといえば、ずっと昔(?!)からの、こども達のおやつのスナックの代表、ロングセラー商品ですよね。
こどもの頃、「買い食い禁止」だった我が家。
私は、男の子達が、あの可愛い袋を片手にポリポリ食べている姿をいつも横目で見ていました。
女の子も食べていたのかもしれませんが、私の中に残っているイメージは何故か男の子ばっかり(なんでだろ~?)
そう!私にとってベビースターラーメンは、憧れのおやつだったのです!

どうしてだかわかりませんが「買って!」と、言えなかったのですよね(笑)
「駄目よ、そんなお菓子!」と言われそうな気がしていたのかもしれません。
1度くらい「買って」と言ってみればよかったのに…と、今なら思います。
案外「いいよ」って、買ってくれたかもしれないのにね。

きっと小林さんも、こどもの頃、私が横目で見ていた男の子達と同じように
ポリポリと美味しそうな音をたてて、ベビースターラーメンを食べていたのでしょうね~…。

私が、実際にベビースターラーメンを食べたのは、もう「こども」とはいえない年齢になってからでした。
でも、おいしかった♪
嬉しかった♪

小林さんのダイアリーを読んで、そんな事を思い出してしまいました。

それにしても「金箔入り胡椒付きベビースター喜多方ラーメン」なんて、すごく豪華ですね~!
ご当地限定販売の商品ですね。
それが「会津」の醤油を使って作られているなんて
「新選組!」ともつながっている気がして、何となく嬉しい…☆
「うめえ^^^^!」
のひとことで、美味しさが伝わってくるようです。

本当に美味しそうですよねぇ…!
なんだか、ベビースターラーメンを、また食べたくなってしまいました♪

台風が2個も発生して、週末のお天気がどうなることか…。
台風が接近して、大きな被害が出たりしないといいのですが。
なかなか、爽やかな秋晴れが訪れませんね。
3連休という方も多いのでは、と思います。
小林さんも皆さんも、楽しい休日となりますように!

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2006年10月03日
かっこいい~(≧▽≦)♪

「逃亡者おりん」の公式HPにある「登場人物」の「徳川家重」
「かっこいいなぁ~♪」と思って、見ています。
きりっとしていますよね!

同じ時代劇でも「源さん」とはまったく雰囲気が違いますよね。
いかにも品位の良さそうな(良さそうでなくて、良いのですよね)三葉葵の紋のついた紫色のお着物も、なかなかお似合いだと思います。
将軍の座を弟に狙われて、絶えず命を脅かされるという役どころ。
殺されはしない、とわかっていても心配(笑)
あまり、ひどい目にあわないといいんだけど…なんて。

「逃亡者おりん」は2クールの放送という事なので、長い期間、定期的に小林さんにお会いできると思うと、とても嬉しいです♪
10月20日が、今から楽しみです(^m^)

Olive☆


2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
  トップページ ダイアリー メモリーズ インフォメーション 投稿広場 プロフィール
本サイトの掲載記事および掲載写真の複製、転載、放送等を禁じます。
Copyright (C)kobasanjp. All Rights Reserved.