小林隆のひとりごと:投稿広場

 
トップページ
 
ダイアリー
メモリーズ
インフォメーション
投稿広場
プロフィール
 
 
2007.02.28
紺野警部が♪(^-^)
 
2007.02.27
きっこさ~ん♪(^o^)/
 
2007.02.27
「チルドレン」届きました。
 
2007.02.26
パートのおばさんとの会話
小林隆のひとりごと
小林隆 投稿広場
2007年02月28日
Olive☆さま

うれしい情報、ありがとうございます。
最終回、出演されるんですね。
『おりん』ともども出番が少なくなっていましたので気になっていたのですが、
楽しみに待ちたいと思います。


きっこ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月28日
紺野警部が♪(^-^)

3月6日(火)日本テレビ 21:00~22:54
               アガサ・クリスティーの“予告殺人”(仮)

に、小林さんが紺野警部として出演なさるようです。

芥川常務の運命も気になるし、
上様の動向も気になる今日この頃ではありますが、
思いもかけず、紺野警部と予想外に早く再会できるのは、嬉しいことですね。

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月27日
きっこさ~ん♪(^o^)/

芥川常務は、万俵倉庫でのお仕事が大変なのか、「華麗なる一族」第7話には出演なさいませんでしたね。
やっぱり、淋しい…。
でも!
「えっと、おいらは誰だっけ?」を観に行って、小林さんにお会いできた時
「最終回の撮影がある」
と、おっしゃっていましたので、きっと最終回には芥川常務の登場シーンがあるのだと思います。
どんな場面で、どんな風に登場なさるのか、楽しみですね♪

「本当に、人生って何が起こるか分からへん、だけど何が起こるかわからへんから面白い」
というMugiさんの言葉に
「…そうだなぁ…」
と思いました。
人生、何が起こるかわからないからこそ、面白いのですよね。

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月27日
「チルドレン」届きました。

小林さん、皆さん、こんにちは。

たった今、家に帰ってきたところで、ポストに「チルドレン」のDVDがAmazon から届いているのを見つけました。
実は出かけようと、車に乗り込んだら・・・、うんともすんともいってくれません。
そうです、バッテリーあがりです。
「わー、しょうがないわ、タクシーで行かんと。」
と言うことで行きも帰りも、タクシーでの外出となりました。
「ついてへん・・・、この後も夜のクラスがあんのに。」
とちょっとブルーな気持ちになりかけていた、その時・・・
「チルドレン」発見!
いっぺんで気持ちが明るくなりました。

結局バッテリーはお釈迦になってしまいましたが、それでも気持ちは曇らなかったんです。

夜のクラスがはじまるまで、じっくり楽しませていただきます。
授業をする時は、たとえ泣きたい気持ちでもsmileでいなければなりませんから(でないと、生徒さんもしんどいしやる気も無くさはりますから)、これですくわれました。

1年前にこういう幸せを感じることになると、想像だにしませんでした。
(多分、ぶうぶう文句を頭の中に溜め込んで、イヤーな気分でのお勉強になっていたでしょう。)
そして、小林さんはじめ、素敵なひとたち、権田さんの「随想録」にも書かれているような「滅多に無いほど良い人たちの集団」の端くれに、私もおいてもらってんのやなあと思う幸せ。
本当に、人生って何が起こるか分からへん、だけど何が起こるかわからへんから面白い、のだと思います。
これから「後援会の皆様」と一緒に、どんな幸せにであっていくんかなあ、とワクワクします。

季節の変わり目です、小林さん、皆さん、お体ご自愛ください。

2007.2.27

Mugi

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月26日
パートのおばさんとの会話

二人とも華麗なる一族を見ているのですが

  私    「私の好きな人、先週、大介に異動してくれって言われたんだよ……もう出ないのかなあ」
おばちゃん 「あーあ(あの人ね)そうね、無理かもしれないね」


ところで、私は大介に言い渡される芥川常務と、
近藤勇についていってくれ、と頼まれた井上源三郎を重ねてしまいました。
もちろん、大介と周斎の考えていることは全然違いますけどね(笑)


きっこ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月24日
上様に期待!(^_^)v

上様は、お江戸でお忙しいようで、「逃亡者おりん」第17話には登場なさいませんでした。
でも、ドラマは終盤、いよいよ佳境に入ってきたようです。
これから最終回に向けて、上様の御活躍に期待したいと思います!

「CHiLDREN」のDVDが発売されたのですね?!
全然、全く、ちっとも知りませんでした!
ひささん、嬉しい情報をありがとうございます♪

Mugiさんの投稿の文章を読んで「おぉっ♪」と思いました。
茨木のり子さんの詩集のことも知らなかったので、嬉しい情報ですが、それだけでなく
なんと!
「関西弁」ですね!
(私には京都弁と大阪弁の区別すらつきませんので、関西弁とひとくくりにしてごめんなさい)
なんだか、いい感じですね~。
柔らかくて、温かくて…
まるでMugiさんがそこにいらしてお話しているような感覚になりました。
何でしょう?
生きてる感じ?
勿論、標準語が言葉として生きていないと言っている訳ではありませんが、Mugiさんが日頃使っておられる言葉だからでしょうか?
「いいなぁ…!」と思って、繰り返し読んでしまった私です。

今日は、北風ぴーぷーで、久しぶりに「冬」という感じがします。
皆さんの地域はいかがでしょう?
風邪等ひきませんよう、そして楽しい週末になりますように…♪

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月23日
茨木のり子さんの詩集「歳月」

小林さん、皆さん、こんにちは。

小林さん本当にお疲れ様でした。
だんだんお痩せになってはったようだったので気にしておりましたが、お元気でいらっしゃいますか?
今年に入ってからずっとお仕事をしっぱなしでいはったのでゆっくりやすまれて、次のお仕事に向けて、英気を養って下さいね。

それで、英気を養っていただけるのにどうしたらええのかなあ、と考えていたら、思い出したことがありました。

茨木さんが、ご主人への想いを綴られた詩集『歳月』。
一周忌にあたる2月17日、発売になりましたが、お読みになりはりましたか?
私は知るのがちょっと遅くなって、注文はしているのですがまだ手元にはありません。
茨木さんのファンでいらっしゃるのですでにご存知の情報かも知れへんなあ、と思いながら、もしご存知でなかったら、その詩集を読まはったらきっと元気になっていただけるかな、と思って「余計なお世話やったらどうしよ」と思いながら投稿させていただきました。

秘密になさっていらっしゃる次の作品、何なんやろかと楽しみにしています。

それでは、小林さん、皆さん、季節の変わり目ですがお体大切になさってくださいね。
今年はもっと「後援会行事」に参加でき、皆さんにお会いできたらなあ、と思っています。
(ひささん、「チルドレン」の情報どうもありがとうございました。さっそく購入しました。)

2007.2.23

Mugi


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月22日
WOWOWドラマ「チルドレン」DVD化

昨年、WOWOWで放送され劇場公開もされた
伊坂幸太郎原作 「チルドレン」がDVD化されました。

WOWOW未加入の方、劇場へ出向けなかった方も、ご覧になれますよ!

DVDには、WOWOWで放送された
「メイキング特別番組」と「オンエアスポット」が特典映像として入っています。
メイキングでは撮影現場のコバさんも、ちょこっと写っておいででした。

予告編はこちらで、
<DVD予告>
http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id325120/

セルの他にレンタルもされているようですよ。

                                            ひ さ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月19日
本当にお疲れ様でした♪でっ、でも、芥川常務がぁ~~~( ̄□ ̄;)!!!

小林さん、本当にお疲れ様でした。
楽しい時間を、ありがとうございました。
しばらく、のんびりゆったりしていただきたいと思います。
「ちょっと言えないな」という次回作、何でしょうね~?
楽しみにしています。

でも!!!
「華麗なる一族」第6話で、芥川常務が…!!!

「芥川君。君は大川先生の闇献金をリークした責任を取って、万俵倉庫(でしたっけ?)に行ってもらう。」
「私に阪神銀行をやめろとおっしゃるんですか?!」
驚く芥川常務。
私も驚く!!!

「そうだ」
「しかしあの記事は、頭取のご指示の元で…!」
「合併が成功したら、また呼び戻す。それまで阪神銀行のために耐えてくれ。」
り、理不尽だぁ!!!

「わかりました。頭取のお言葉に従わせていただきます。」
頭を下げる芥川常務。

うっそぉぉぉ~~~~~!!!
なんでぇ~~~~~!!!
TV画面に向かって叫ぶ私の声が、芥川常務や万俵大介やプロデューサーや脚本家に届くわけもなく、
無情にドラマは進んでゆくのでありました。

突然、哀しい決意をしなければならなかった芥川常務の表情は素敵でしたけれど…
あぁ、芥川常務の運命や如何に?!


春の様な暖かさが続いたと思ったら、昨日はいきなり冷たい雨。
体調が変になってしまいそうですね。
しかも、今年は早くも花粉がとびはじめていますし…。
花粉症の皆様も、そうでない皆様もお身体を大切になさってくださいね。

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月14日
酒蔵探訪楽しかったです!

酒蔵探訪、私も参加しました~!
みなさん、先日はお世話になりました。

遠足みたいでとても楽しかったです。
初めて乗った路線、初めての久喜市、初めての酒蔵。
見学前からワクワクしていました。

社長さんが、初心者にもわかりやすいように酒造りについてお話してくださり、
とても勉強になりました。
巨大な樽は、とてもフルーティーでいい香りなのに、落ちたら命がないということで、
見学するとき緊張しました。
酒造りって命がけの仕事なんだなぁ、と思いました。
社長さん、杜氏さんの酒造りにかける情熱、素敵です。

見学後の試飲会、いろいろなお酒を味わえて、感激しました。
それぞれおいしかったけれど、私はにごり生酒が一番好きです。
本当においしいなぁと思ったので、実家の父親宛てでお酒を送ってもらいました。
今日届いて、父が喜んでいました。
寒梅酒造さん、本当にありがとうございました。

酒蔵探訪のあとの飲み会には参加できなくて残念でした。
次のイベント、楽しみにしています。

ita


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月14日
ありがとうございました。

寒梅酒造 石井でございます。

先日はお忙しい中、ご来店ありがとうございました。
また、多くの方に日本酒をより身近に感じていただく良い機会でしたのでわたくしどもも大変うれしく思っ
ております。

また、皆様のレポートも興味深く拝見させていただきました。
ありがとうございました。

皆様のご意見・ご感想をもとに今後も美味しいお酒造りを心がけてまいります。
寒梅酒造ともども弊社製品を、よろしくお願いいたします。

まだまだ寒い日が続きますが、お体にはお気を付けてお過ごしください。


P.S 先日、弊社の梅の花が咲き始めました。
   今年は春 の訪れが少し早そうですね。

【創業文政四年(1821年)】
**品質一筋に180余年**
  寒梅酒造株式会社

  石井 亜紀

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月13日
酒蔵探訪(^v^)/▽☆▽\(^v^)♪

行ってまいりました、酒蔵探訪、久喜の「寒梅酒蔵」
ひささんが、とてもわかりやすく、ポイントを押さえた投稿をしてくださっていますので、これ以上の説明は必要ないですが、とても貴重な楽しい経験をさせていただきました。

星野杜氏よりご挨拶.jpg社長さんは、とても丁寧に説明をしてくださいました。
そして、玄米と精米の済んだお米も見せてくださいました。
シャーレに入れられた精米されたお米は、普段私達が目にする「お米」の形はしていなくて、
真っ白な小さなあられのようでした。
これが、お酒になっていくのですね~。

そして、酒造りの工程の見学です。
どれにしよう.jpg工場に近付くと、あのよく知っている日本酒の『香り』が…。思わず
「あ!お酒の匂いがする!」
と、言いましたら、すかさず社長から
「『匂い』ではなく『香り』です。」
と、注意を受けました。
確かに、『匂い』は『臭い』とも書きますものね。
混じり気のない、いい香りしかしないのですから、『におい』ではなく『香り』ですよね。
失礼しました。(^_^;)

お酒が仕込まれている大きな樽の中からは、本当にいい香り。
日本酒というより、もっとフルーツのような甘い感じの香りがしました。
けれど、ひささんも書いてらっしゃいますが、お酒から二酸化炭素が発生しているため、樽の中ではライターの火も消えてしまうそうですし、人が落ちたら「即死」だとか。
日本酒造りが、そんなに危険なものだったとは、まったく知りませんでした。

日本酒は、とてもデリケートで、そして大切に造られているものだ、という事を、今回の見学で知ることができました。
今度、日本酒を口にする時は、日本酒造りの工程や大変さを思い出して、もっとしみじみ味わって飲めそうな気がします。
寒梅酒蔵の皆様、どうもありがとうございました。


その後、大宮へ場所を移して懇親会。
観たばかりの「えっと、おいらは誰だっけ?」の話題や、勿論小林さんについての話題で盛り上がりました。

スタッフの皆さんが、小林さんの事を
「タカ坊」「タカ坊」
と、呼ぶのが、なんだか温かくていいなぁ…!と思いながら聞いていました。

スタッフの方とお話する機会など、当然ありませんので、楽しかったです。
皆さん、良い方で、小林さんは高校時代にこういう素敵な皆さんと一緒に、楽しかったり、苦しかったり、可笑しかったり、哀しかったりというたくさんのいろいろな時間を過ごしていらしたんだなぁ…などと思いながら、ゲラゲラ笑っているうちに、アッという間に時間が過ぎてしまった感じです。

今回の酒蔵探訪、とても楽しかったです。
寒梅酒蔵の皆様、
権田さんはじめ、スタッフの皆様、
大変、お世話になりました。
本当にありがとうございました!

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月12日
<酒蔵探訪>報告

2月10日<酒蔵探訪>参加しました。
私は、今回こちらの報告いたします。

1-寒梅酒造.jpg会員は、6名参加。
スタッフの方は
目時さん 清水さん 小林剛一さん。
権田さんは 仕事で遅れるとの事。
時間通り 他の参加者 揃いました。

<寒梅酒造>さんは、駅からすぐ。
歩いて移動しました。
「見学なんて、学校以来だね」
「楽しみだね」という会話をしながら
ほどなく、到着。
社長さん自ら奥へご案内くださり
事務所で説明を聞きました。
2-梅.jpg
<寒梅酒造>さんは 平成16年には
関東信越国税局酒類鑑評会で
主席第一位優秀賞を受賞されたそうです。

創業は江戸後期 文政4年(1821年)。
関東平野の中心、埼玉県久喜市。
酒造りに重要な水・米に恵まれた土地柄。

こちらの代表的なお酒「寒梅」
万花の魁(サキガケ)をなすもので
先取り・先駆者の意。
また、毅然として清楚 意志が強く
忍耐強い 気品に満ちた花
・・・ という意味をこめて
   酒名を 名付けられたそうです。

寒梅稲荷.jpg敷地内にある梅の花も
ちょうど咲き始めたとの事。
その横には、神社も祀られています。

昔は各地に沢山あった造り酒屋も
数が減ってきているとのこと。
昔ながらの製法を守っていくには
苦労されているそうです。

中心部を 同じ大きさや位置で残すように
玄米を削っていくためには技術も必要だそう。
良いお酒が出来上がるためには
様々な技術・工程が
かかっていることを知りました。

酒造米も 従来の適合米だけでなく
地元産のお米の研究にも取り組まれ
鈴木社長.jpg常に研鑽をつまれているとのこと。


社長さんの説明もひとまず一区切り
「真面目に説明を聞いていただいて」
と お褒めの言葉をいただきました。


続いては、敷地内を見学です。
酒造りの工程に合わせ、
色々な場所を見て回りました。

工場に入ると
日本酒特有の<良い香り>がしてきました。
酒造りは様々な工程を経て
美味しいお酒ができるのだそうです。
木で組まれた足場での作業
星野杜氏.jpg酒から発生する二酸化炭素 など
危険が隣り合わせでの作業に驚きました。

お酒を仕込んでいる樽の前では
漂ってくる<香り>に 皆でうっとり。
お酒の種類によって 熟成度によって
<香り>に 違いがありました。

酒造りは 生き物を扱うのと一緒。
何度も社長さんは繰り返しお話でした。
その言葉を裏付けるように
原料は その場その場で形を変え
音を立てながら 熟成されていきます。

3-試飲酒.jpg杜氏の方は、
新潟から来られている方もおいでだそう。
夜中 何度も起きて
様子を確認されているとのことです。
自分の子供のように
愛しんで語っているお姿が印象的でした。

工場見学も終盤、事務所に戻ろうかという時
グッドタイミングで 権田さんも合流です。


次は、お待ちかねの試飲です。
・・・ 参加者の目が輝きだしました。

用意していただいたのは、3種。
「天爛」純米酒しぼったまんま (中)
4-10年古酒.jpg「槽前(みなまえ)にごり生酒」(左)
「天爛」大吟醸しぼりたて (右)
いずれも今の季節でしか味わえないもの。
それぞれ違った味わいで
     参加者の好みも分かれました。

権田さんのお口添えで
     特別に別のお酒も ・・・。

女性向けとご推薦の
 「天爛」十年熟成元禄之古酒
細身のビンが おしゃれです。
江戸時代の書物に基づいて
古の酒を復活させたそうです。
年数を経つほどに
お酒の色も変わっていくとのこと。

試飲.jpg
用意していただいたお酒は
気がつけば
互いにお酌をし合ったり
手酌で気ままに飲みだしたりで
空になるものまで出る始末。

先ほどの社長さんの
     お褒めの言葉は 何処へやら。

酒蔵探訪.jpg美味しいお酒に
        一同 満足 まんぞく ・・・。


立派なたたずまいの お店に移動して
各自、お気に入りのお酒を購入して
 無事に <酒蔵探訪>は 終わりました。

寒梅酒造株式会社の皆様
          ありがとうございました。
これからも、
   美味しいお酒 楽しみにしています。


2-酒林(杉玉).jpgお店の前には、杉玉が飾ってありました。
社長さんの説明によれば
毎年 杜氏の方が新潟に帰られたときに
杉を集めてこられて
こちらで<杉玉>を作られるのだそう。
新しいお酒ができたという印で
年が変わると<杉玉>も かけ変え。

茶色になった
<杉玉>を見たことはありましたが、
こんなに青々としたものは初めて見ました。

そうそう、オリジナルラベルのお酒もできるそうですよ。
【コバさん】印 の お酒など
       企画してみては いかがでしょうか?
 
                              ひ さ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月11日
「えっと、おいらは誰だっけ?」大成功!おめでとうございます\(^o^)/

皆さんの大阪公演の投稿を読んでいて、「大阪も大成功だったんだなぁ!」と嬉しさがジワジワとくる様な気持ちです。
詳しいレポートに、観に行ってはいないのに、観たような気分になっています。

「お客さんの笑い声で出演者のセリフが聞き取れないほどだったと思います。」
やっぱり、大阪も「笑いの渦」だったのですね♪
「見事な脚線美も いつもよりサービス満点でした。」
うらやましい!あの美しい脚線美を堪能できましたか?!

「必死に声を抑えていましたが次々におこるハプニングに
笑いをこらえきれませんでした。」
ですよね!ですよね!笑いをこらえきれませんよね!

「舞台の上を縦横無尽に、しかも滑らかに
自由にのびのびと演じていらっしゃる」
本当に、その言葉どおりだと思います。

Mugiさんの俳句に、大阪公演千秋楽のカーテンコールの雰囲気が伝わってくるようでした。

そして
「充実感に満ちた とても素敵な笑顔をされておいででした。」
昨年末から、かなりハードな毎日を送られていた様子ですし、とてもお疲れだったろうと推察いたしますが、
それでもこの毎日は、小林さんにとって、充実した楽しい毎日でもあったのでしょうね。

ただ…かなさんもMugiさんも書いておられますが、やはりお身体が心配です。
「逃亡者おりん」の最終回の撮影は、もうあと少しで終了されるのでしょうか?
それが終わりましたら、少しでもゆっくりとお身体を休めていただきたいと思います。

とにもかくにも
「えっと、おいらは誰だっけ?」大成功ですよね!
本当に、面白い、楽しい舞台でしたよね!
どのお客さんも笑いまくっていましたよね!
小林さん、本当におめでとうございます!!!

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月11日
◇ 酒蔵探訪 「寒梅酒造」 2007年 2月10日 ◇

酒蔵探訪.jpg参加者の皆様お疲れ様でした。
寒梅酒造の鈴木社長様には親切にご案内頂き有難うございました。
とても有意義な会となったと思います。


小林隆後援会事務局
権田 功

参加者の皆様、レポートよろしくお願いします。


今回お世話になった久喜市の寒梅酒造さんのホームページです。
<寒梅酒造> http://www.kanbai.co.jp/

1-寒梅酒造.jpg















2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月10日
駄句ですが・・・

小林さん、皆さん、こんばんは。
またまた Mugiです。

今日は大阪もとても暖かく、みなさんも
良い天候の下、楽しい一日を「酒蔵」で過ごされた
ことと思います。

小林さんのお芝居がすばらしかったので
まだまだ余韻に浸っていましたら、
なんだか自然にこんな句が浮かんでしまいました。
駄句ですし、こんな句を送られても小林さんは
ご迷惑かと思いますが、会場の状況は
こういう感じでした、とご覧になれなかった
方にもイメージをつかんでいただけるかな、
と思って投稿させていただきます。

小春日のカーテンコール鳴り止まず  Mugi

酒蔵探訪の楽しいご報告お待ち申し上げています!

2007.2.10

Mugi

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月09日
千秋楽無事終了、お疲れ様でした。

小林さん、皆さん、こんばんは。

昨日、「えっと、おいらは誰だっけ?」の千秋楽を
シアター・ドラマシティーで拝見いたしました。
詳しく、分かりやすく、ひささんが書いてくださって
いますので、細かいことは省略いたしますが、
本当に楽しかった!
改めて小林さんが「舞台俳優」でいらっしゃると
再認識いたしました。
舞台の上を縦横無尽に、しかも滑らかに
自由にのびのびと演じていらっしゃるのを見て
そう思いました。
もちろん、テレビや映画でも、小林さんの演技を
拝見したいですが、やはり、舞台での小林さんを
「もっとみたいなあ」と思った次第です。

楽屋見舞いをさせていただいたときに、
前回、初めてお会いした時に、すっかり頭がぶっとんで
しまって、一緒に写真をとっていただきたかったのを
すっかり忘れてしまって後悔したのですが、
勇気を持って昨日はお願いでき、
今、その写真をパソコンでニマニマしながら
見ていた次第です。

大阪でもお客さんは抱腹絶倒でしたよ!
本当に楽しかったです。

ひささんに、「Mugiさん最近投稿してないね?」
と声をかけていただき、「あれ、そうだっけ?」
と思っていたら、なんと一ヶ月以上も投稿していない
ことに気がつき、遠方でお芝居をご覧になれなかった
方のためにも大成功だった旨をお伝えしようと
投稿させていただきました。

でも、小林さんがまた一回り細くなられたようで
それだけが気がかりでした。
お仕事がお忙しくなることは嬉しいことですが、
それでお体を壊されたら、と思うと心配になりました。
どうぞ、野菜を一杯食べて、出来るだけ睡眠をとって
お体をおいといくださいね、小林さん。

皆さん、明日は酒蔵探訪ですね。
仕事の都合がつかず、今回もまた欠席ですが、
どうぞ楽しんできてください。
暖かいといいですね。

それではまた、近々皆さんとお会いできることを楽しみに。

2007.2.9

Mugi

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月09日
こんにちは かなです。

ようやく待ちに待った「えっと、おいらは誰だっけ?」大阪公演に
行って参りました。

東京公演に行かれた方の感想を見ながら
毎日毎日 小さい子供のように「あと何日で...」とカレンダーを眺めながら
投稿広場を拝見させていただいておりました。

会場についてお隣のお席はMugiさんとよく投稿広場では
Mugiさんのお話で登場するお姉さん、そしてひささんと
後援会の方と並んで見ることが出来ました。

他の周りの方も、もしかしたら後援会の方なのかなあ?と思いながらも
後援会のイベントではお会いしたことの無い方たちでしたので
結局声をかけられずじまい...
(是非 関西でのイベント開催もご検討おねがいしまーす)

お芝居の内容は とにかく おもしろかった!
そんなに沢山のお芝居を見た経験はありませんが
あんなに会場が 笑いの渦に沸いているのははじめてみました。
私自身も 自分の笑い声でせりふを聞き逃しては勿体無い!と
必死に声を抑えていましたが次々に起こるハプニングに
笑いをこらえきれませんでした(^-^;

舞台終演後、ひささんやMugiさんと共に楽屋へ挨拶に伺うことが出来、
貴重な体験をさせていただきました。

5月にお会いしたときより、12月にお会いしたときより
確実にお痩せになっている小林さんのお姿を見て
ついつい 見る側としては 次を!と思ってしまいますが
応援する立場としては 忙しいことはいいことですが
早く一段落して しっかり身体を休めて欲しいなあ...と思ってしまいました。

「えっと、おいらは誰だっけ?」も終わり、
「華麗なる一族」の撮影も終わったとおっしゃっていました。
あとは「おりん」の撮影だね。とおっしゃていました。


さて明日は 酒造探訪ですね
2.3日前は春のように暖かかった大阪も
今週末は寒の戻りで冷え込むとのこと。
酒造探訪のある関東ではいいお天気だといいですね。
参加される皆様 美味しいお酒と楽しいお話 またレポートお待ちしております

                                         かな

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月08日
「 えっと、おいらは誰だっけ? 」 千秋楽

千秋楽ドラマシティー.jpg2月8日 「 えっと、おいらは誰だっけ? 」
千秋楽 無事に終わりました。
前日のお客さんの口コミが効いたのか
お客さんの数が増えていました。

本日は全公演の千秋楽ということで、
皆さん張り切っておいででした。

コバさんの 口笛は絶好調!
エリックと ノーマンが
声をそろえる場面も、ぴったり息があっていました。
見事な脚線美も いつもよりサービス満点でした。

カーテンコールの コバさん役得の 【あの場面】 は
思いを込めて、たっぷり時間をとっておいででした。
(他の出演者の方から 即座に止めが入りました)

「 今日が 千秋楽です。
 またこのようなメンバーを連れてきますので
 たくさんの方 観に来てください 」 と 
最後に 演出の綾田俊樹さんが ご挨拶されました。

案内板.jpgコバさんは、深々とお辞儀をしていました。

終演後、大阪組でご挨拶にうかがいました。

入口付近で戸惑っていると 岡田達也さんが
「 どなたをお待ちですか? 」 と 声をかけてくださり
コバさんの部屋をノックしてくださいました。
 ( 岡田さん、ありがとうございました )

コバさんは、
終わってホッとされているようにお見受けしました。
引き続き 『 逃亡者おりん 』 の
撮影が待っているとのこと。

『 <酒蔵探訪>行けなくて本当に残念。
でも、撮影頑張るから 』 と 仰っていました。

コバさんは 充実感に満ちた とても素敵な笑顔をされておいででした。

                                            ひ さ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月08日
大阪公演初日

行ってまいりました、『 えっと、おいらは誰だっけ? 』 大阪公演初日。
ところは、「 シアター・ドラマシティ 」

大阪公演はあらかじめ緞帳が下りていて
東京公演のように、最初から舞台セットを見ることができません。

音楽が入り 客席の明かりが落ちると、幕が開いて エリックの電話の場面が始まります。

大阪のお客さんも よく笑っていました。
それぞれの笑いのツボが異なるのか 場面によって大うけの人が入れ代わっているようでした。
お客さんの笑い声で 出演者のセリフが聞き取れないほどだったと思います。

ジェンキンズさんの サインの仕方とケーキの食べ方が 豪快になっていました。
ジョージおじさんが推奨するタイツの色が 派手目になっていたのは
・・・ 大阪向け? それとも単なるアドリブでしょうか?
着替えの服も「芝生色の服は着ないからな・・・」と言っていました。
 ( 以前拝見したときは「吊るしの服は着ないからな・・・」でした )

出演者の皆さん活き活きと演技され、こちらのお客さんも大爆笑でした。

課題だとおっしゃっていた<例のシーン>は、魅力が倍増していたと思います。

エンディングでは一度幕が下りてから、カーテンコールが始まります。
東京公演のようなエスコートによる 出演者のおしゃれな入退場は
3度目のカーテンコールでした。
アットホームな雰囲気が 関西のお客さんにどこまでとどいたでしょうか?

終演後ご挨拶にうかがい
「 ここ(シアター・ドラマシティ)は 好きな劇場なんだ。また来たいな 」 と おっしゃっていました。
「 あと1ステージだから、頑張る!」 とも お話しでした。

8日は 全公演の千秋楽です。
舞台の成功を 祈るばかりです。

                                               ひ さ


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月07日
無邪気な上様(^m^)と一瞬の芥川常務(゜o゜)

庭にある鳩小屋の前で、鳩を手に嬉しそうにしている家重。
「忠光!忠光!」
と、はっきりとしない口調で嬉しそうに大岡を呼び、手にした鳩を大岡の方へ見せるようにして、そしてまた、鳩に顔をよせる。
「相変わらずであらせられますね」
と田沼。
「あのお方がおられるから、今の我らがある」
と大岡。
ふたりは縁先(お城でも縁先っていうのでしょうか?)に正座して家重を見ている。

そして、ふたりは家重に背を向けるようにして、おりんを庇った浪人者(倉沢)を始末するよう、相談をする。
その時、鳩の飛び立つ音が。
「ハッ」として、ふたりが振り返ると、家重が近くに来ていて、ふたりを見ている。
「う、上様」
と狼狽する大岡。

家重は、とたんに満面の笑みを浮かべて
「忠光!たぁだぁみぃつぅ~~~!」
と、こどもの様に両手で大岡の手を引っ張り、庭へと誘う。
大岡は、鳩小屋の方まで引っ張られて行く。
鳩小屋のむこうとこちらで、顔を隠したり出したり
顔が合えば、お互いの両手をパチンとあわせ
「上様、上様!」
と、鬼ごっこ。楽しそう♪

上様は無邪気♪
でも、その無邪気さが・・・・・曲者。

「華麗なる一族」は、第4話。
三栄銀行との「小が大を食う合併」を画策するための話し合いをしている万俵大介と銀平と大亀専務と芥川常務。
決め手となる弱点が見つからずイライラして、手にした資料を「バン」と音を立てて閉じる大介。
驚いて顔を上げ、大介を見る芥川常務。
一瞬、上半身のアップ♪

一応、予習済みではありますが、ドラマでは芥川常務がどのように描かれていくのか、楽しみです。


ひささんの投稿の写真や文章で、シアター・ドラマシティの雰囲気がなんとな~く伝わってきます。
大阪には行った事がありませんので、どこを読んでも「ほぉ~、へぇ~」です。
今日と明日、この劇場で「えっと、おいらは誰だっけ?」の公演なのですね。
お客様の笑い声でいっぱいになるといいですね。

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月05日
【 シアター・ドラマシティ 】

ドラマシティー.jpgこちらは、2月7日8日の
「えっと、おいらは誰だっけ?」の公演会場の
 【 シアター・ドラマシティ 】 前です。

 【 シアター・ドラマシティ 】は、
大阪市の北部の繁華街 「キタ」に あります。
吉本新喜劇でおなじみの
NGK(なんばグランド花月)や道頓堀は
南部の通称「ミナミ」に あります。
 (そのまんまのネーミングです)

「キタ」周辺で有名なのは、梅田地区。
同じ場所でも、JRの駅は<大阪>ですが
私鉄や地下鉄は<梅田>です。
こちらに、お越しの際はご注意ください。

   閑話休題

 【 シアター・ドラマシティ 】は 梅田地区に隣接した(徒歩圏内)
<茶屋町>という 地域にあります。

【 シアター・ドラマシティ 】は、<ちゃやまちアプローズビル> の地下1階。
1階には【 梅田芸術劇場メインホール 】が。 <旧名:【 梅田コマ劇場 】【 飛天 】 >
近くには、テレビ局 や LOFT などもあります。

東京公演は その名の通り円形の劇場でしたが、大阪公演は 通常の形状。
役者さんの動きも変わるのでしょうか?

                                                 ひ さ

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月05日
東京公演千秋楽、おめでとうございます\(^o^)/

東京公演千秋楽に、行ってまいりました。
さすがに千秋楽、大入り満員でした。

休演無しの連続16公演、お疲れだと思いますが、皆さん熱演してらっしゃいました。
2度目でしたので、物語の展開はわかっているのですが、それでもやっぱり笑ってしまいました。

何といっても、小林さんの表情の変化、七転八倒する様が何ともいえず傑作で
「可愛い!」と言いたくなる場面も多々あり(失礼でしたでしょうか。ごめんなさい。)
ここで、具体的に説明することができないのが残念です。

25日に拝見した時よりも、
小林さんをはじめとする役者の皆さんから、いい『だし』が出て、さらに美味しくなった様に思います。
本当に面白かったです。

終演後、会員の皆さん(私を含めて6名いらっしゃいました)と、小林さんにお会いする事ができました(洋子さん、ありがとうございました!)
お疲れにもかかわらず、快く顔をみせてくださいまして、ありがとうこざいました。

その時、明日には「逃亡者おりん」の撮影のため京都へ行くという事、
大阪公演の後にも続けて「おりん」の撮影がある、という事をおっしゃっていました。
お休みが、全く無いのですね。
お身体が心配になってしまいます。

「ダイアリーの更新もなかなかできなくて」
と、気にしていらっしゃいました。
でも、連日舞台がある上に、「華麗なる一族」の撮影もあり、ご自宅にお帰りになる時間もないのですから、
ダイアリーどころではないのは、当然ですよね。
それよりも、お身体の事や舞台や撮影等のお仕事の事を、第一に考えていただきたいと思います。

東京公演、大成功♪と言っていいのではないでしょうか?
大阪公演も成功しますよう、心よりお祈り申し上げます。

これから大阪公演をご覧になる皆様、「太鼓判」の面白さですから
たくさん笑って思う存分楽しんでらしてくださいね!

小林さんをはじめとするカンパニーの皆様、
お疲れの事と思いますが、お身体に気をつけて、大阪公演、頑張ってください!
埼玉から、応援していま~~~す!!!

Olive☆


「逃亡者おりん」の公式サイトの「メイキング 14話」は、小林さんのインタビューです!

なかなか興味深い内容ですし、家重の写真も数枚アップされています。
必見です!

2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月04日
観てきました!『えっと、おいらは誰だっけ?』

みなさん、こんにちは。
itaです。

『えっと、おいらは誰だっけ?』、観てきました~。
隣の席にいらっしゃったのは、なんとOliveさん!
後援会のみなさんは、近くの席だったようですね。
無理かなぁと思っていたのですが、小林さんにもお会いできてうれしかったです。
小林さん、お疲れのところを本当にありがとうございました。

それにしても、みなさん、何度か観に行っていたようで、うらやましいかぎりです。
この舞台は、たしかに何度も観に行く価値がありますね。
私は一回だけしか行けなかったのですが、とても楽しくて、もっと観たかったなぁと
思いました。
一緒に行った夫と、二人で涙が出るほど笑いました。
こんなに笑った舞台は久しぶりです。

やっぱり、生コバさんはいい!
また舞台観に行きたいです。

ita


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年02月01日
紺野警部と安西大輔課長補佐と芥川常務とそのうえノーマン・バセットと…(・o・)

「大女優殺人事件」の紺野警部。
紺野警部は今回、浅丘ルリ子さんと谷隼人さんの尋問をしていらっしゃいましたね。

殺人を否定する浅丘さんに対して
「そういう顔も女優さんの上手なお芝居だとにらんでますよ、こちらは」
と、追い詰めるように迫る。

谷隼人さんに対しては
「どうしてそう言える!」
とビシッと迫る。

厳しい表情で容疑者を尋問する姿、こういう小林さんは初めて見ましたが、なかなかかっこよかったです。

「捜査一課見当たり班 鷹子の眼」では、捜査一課課長補佐、安西大輔。
部下の不始末を知り、怒鳴り込んでくるような、いや~な上司役。
厳しい表情で
「どういうことだね、いったい!指名手配犯を取り逃がした上に、一般市民に怪我を負わせてしまうとは!」
と、叱責。

どちらも厳しい表情なのですが、同じ表情ではないのですよね。
紺野警部からは、真実をつきとめようとする厳しさが感じられますが、
安西課長補佐の場合は「上司の俺の立場はどうなる?!」みたいな保身からくるイライラが顔に出ている感じがしました。
同じ警察に勤める人間を演じていても、全然雰囲気が違うのは、面白いですね。

そして「華麗なる一族」の芥川常務。
3話では数場面に登場していらっしゃいました。

最初は美馬邸での場面。
次は、阪神銀行の支店長会議の場面。
そして、その支店長会議の2時間前、万俵大介・銀平・大亀専務と4人での話し合いの場面。
それから、池田支店長の葬儀の場面。

どの場面でも、深刻そうな表情が多いのです。
が、ただ一ヶ所、美馬邸での場面で、大介が孫の宏にお土産の電気自動車を手渡し、宏が喜ぶシーンでは、芥川常務はその微笑ましい光景を温かい笑顔で見てらっしゃいました。
そういう芥川常務を見る事ができて、なんだかホッとするような気がしました。

それと…支店長会議の2時間前の話し合いの時、芥川常務が一生懸命意見を述べているのに、画面に映るのは、大介が手にしている資料と大介の表情。
せ~っかく芥川常務が意見を述べているのだから、ちょっとくらい顔を映してくれたっていいのではないでしょうか?
…と、思うのは、私だけなのでしょうかぁ???

それにしても、紺野警部と安西課長補佐、芥川常務とそれにノーマン・バセット、あ、家重も、全部、同じ小林さんなのに、全然違う小林さんなのは、観ていて面白いです。
「それがプロの役者」ということなのかもしれませんが、やはり「すごいなぁ」と思いますし、それぞれの作品で、違う顔をみせてくれる小林さんを観るのが、とても楽しみです。

Olive☆


2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
  トップページ ダイアリー メモリーズ インフォメーション 投稿広場 プロフィール
本サイトの掲載記事および掲載写真の複製、転載、放送等を禁じます。
Copyright (C)kobasanjp. All Rights Reserved.