小林隆のひとりごと:投稿広場

 
トップページ
 
ダイアリー
メモリーズ
インフォメーション
投稿広場
プロフィール
 
 
2007.10.24
<秋のお祭り>
 
2007.10.23
たしかに寒い今日この頃
 
2007.10.22
投稿広場へ(イギリスの宝泉です)
 
2007.10.22
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」が楽しみです(≧▽≦)
小林隆のひとりごと
小林隆 投稿広場
2007年10月31日
まもなく ・・・

コバさん、体調は、いかがですか?

お稽古は、順調に 進んでおいででしょうか?
明日から、11月ですね。
そろそろ、劇場での お稽古に入るのでしょうね。

真新しい劇場への、第一歩。
貴重な経験、どうぞ 思いっきり 満喫してください。


     くれぐれも お身体 ご自愛くださいませ。

                                ひ さ

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月24日
<秋のお祭り>

s-RIMG0113.jpg私の尊敬する方が 生まれた町の
秋の大祭に 出かけてきました。

折に触れて その方が、
ご自分の 故郷の 思い出を 語っているのを
見聞きするにつれ、憧れながら、
どんな街なのだろうと
ずっと 思い描いていました。

何度か 訪れながらも、
秋のお祭りは 今回が初めて。
地元の方の ご案内に 混ぜていただいて、
一日 堪能いたしました。


街中を彩る 紅白の幕。
町内会で揃えた 半被や着物。
お囃子や踊り、
s-RIMG0186.jpg そして勇壮な姿で繰り出す山車。

大通りは、歩行者天国として開放され
いつもの街の様子とは、違った賑わいでした。
お祭りの期間に合わせた
特別公開の 邸宅も 見学いたしました。

祭りの風景を 眺めながら
その方が、誰に対しても向けていられる
暖かい気持ちと
心配りが伝わってくる思いがしました。


コバさんも、
お祭りに 思い出が おありでしょうか?

お稽古、どうぞ 頑張ってください。

                      ひ さ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月23日
たしかに寒い今日この頃

小林さん、みなさん、こんにちは。

みなさんの投稿にも、秋が深まってきた、寒くなってきた、というような
お話が登場するようになってきましたね。
確実に季節は変化しているなぁと感じる今日この頃。

私はひとよりも寒がりなのかもしれません。
家の中にいても、すでに手足が冷えはじめ、ついに耐え切れずに
コタツを出してしまいました。
10月中旬なのに、もう。
そして、夫に
「いくらなんでも、早すぎる。冷え性にもほどがある。
仙台出身のくせに。」
とつっこまれました。
そういわれても、寒いものは寒いんだけどなぁ~。

小林さんは風邪などひいていないかなぁと、勝手に心配しています。
でも、ひとの心配をしているわりには自分が風邪をひきました。
来月はいよいよ例のあの舞台スタートですね。
とても楽しみです。

ちょっと前の話ですが、TVでやっていた『花田少年史』見ました。
こういう映画、いいなぁと思いました。
運動会の借り物競争の場面では、涙腺決壊。
もう、鼻もグズグズの大変なことになりました。
なんだか、とても心にしみたんです。
私は、わりとこどもの話に弱いのです。
そこへきて、小林さんのあのやさしさ。
もう、どうしようもない。
泣かないようにと思っても、無理なときがありますね。

あの映画を見た友達は、みんな「見てよかった」と言っていました。

ita

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月22日
投稿広場へ(イギリスの宝泉です)

長らくご無沙汰しています。日本で生コバさんを見て以来、やはり生の良さに取りつかれてしまいました。そうなるとおいそれとは帰国できない悲しさに鬱になるので、なるべく日本からの情報には目を閉ざすようになってしまって、、、。特に「川上音二郎~」は見たいけど、絶対にあの時期には帰れませんから、あきらめるしかありません。 私もイギリスで「the last laugh」を見ているので、コバさんが日本で見たという日記は嬉しかったです。イギリスで公演される日本関連のものはほとんど全部見るようにしているのですが、最近は円安のせいか日本人が渡英しての公演がほとんどありません。 コバさんもイギリスに来てくれないかしらと願ってるんですが、ああ、飛行機が苦手か~。

それでも投稿広場での皆さんの書き込みのおかげで、コバさんが出演しているドラマの情報が入るのが慰めになっています。HEROや古畑などにも出演しているとはしりませんでした。SMAPやジャニーズの方と共演すると海外でも見られる機会が増えるんです(笑)。つまり海外在住日本人は日本からビデオを送ってもらっていますので、探せば誰か彼かスマップ出演のビデオやDVDを持っているのです。日本に帰国した人からもらったビデオの山の中にHEROをはじめ連ドラが各種あったはず。ほったらかしにしてましたが、宝探しをする楽しみが増えました。

先日もそのような知人からの恩恵を受けて、27時間テレビの新選組隊士出演の「ヘキサゴン」を見ることができました。前からコバさんは頭脳明晰で聡明な方だとは思っていましたが、まったく期待を裏切らないスマートさ。しかもあの笑顔を見ただけで涙が、、、、、。日記で書いておられましたが、好きな詩人も「八木重吉」なんて、そんなナイーブさを曝け出されると女心は千々に乱れまする(主人には内緒)。

「魔法の万年筆」で共演の稲垣さんとのからみのある「Mの悲劇」も拝見しました。相変わらずきっちりと仕事をしているなと感心しましたが、その格好からちょっとエルバンを思い出してしまいました。どうしてもコバさんに期待されるイメージみたいなのがあるのかもしれませんが、私は佐々木蔵の介さんがなさったような狂気が入った悪役をやるコバさんも見たいなと思いました。そうそうエルバンで思い出したけど、同じく舞台で共演された河原さん演出で「魔法の万年筆」を上演するというニュースを知りました。エルバン役がどんな人になるのかちょっと興味ありますね。

お体に気をつけて、舞台稽古のほう頑張ってください。

宝泉

 


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月22日
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」が楽しみです(≧▽≦)

毎日新聞に「マダム貞奴 世界に舞った芸者」という本の紹介が掲載されていました。

http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2007/10/20071021ddm015070162000c.html

今でこそ、海外旅行など誰でも行く事ができるものですし、
パリのオペラ座やニューヨーク等で歌舞伎公演が行われたりしていますが、
1900年頃に海外へ行って公演を行うなど、どこからそんな考えが飛び出したのか、
改めて考えてみると、川上音二郎という人の発想のすごさに驚かされてしまいます。

その物語に小村寿太郎さんが、どんな風にからんでいくのか、
歴史に疎い私には皆目見当がつきません。
わからないから余計に楽しみになってきます。

「恐れを知らぬ川上音二郎一座」初日まで、もう1ヶ月を切ったのですよね。
初日に行く事はできませんが、開幕が間近だと思うとワクワクしてきます。
とってもとっても楽しみです!


間近といえば、日本シリーズは27日に始まるのでしたっけ?
今年も中日対日本ハム。どちらが勝つでしょうか。

小林さんが、ダイアリーで
「クライマックスシリーズってどうだろう・・・?」
と、書いてらっしゃいましたが・・・ホント・・・どうなんでしょう?

パ・リーグは2004年(多分)から、プレーオフという形を取っていましたが、
レギュラーシーズンで1位となっても、プレーオフになると負けてしまうソフトバンク(しかも2年続けて)を見る度、なんだか気の毒になってしまったのを思い出します。
1年間、130以上の試合を頑張りぬいてリーグ1位になっていても、短期決戦のプレーオフで負けるとリーグ優勝にならないって・・・なんだか監督や選手がかわいそうな気が・・・・・。

それにプレーオフではアドバンテージがありましたけど、
(1位のチームが2位以下に5ゲーム以上の差をつけると1勝のアドバンテージ)
クライマックスシリーズでは、それもありませんでしたし。

確かに盛り上がるのかもしれませんが、実際に戦っている監督や選手の皆さんがどう感じているのか、うかがってみたい気もします。

10月が、あっという間に過ぎていってしまうようで、なぜか焦るような気持ちになっています。
別に焦る理由も必要も何もないんですけど、
早く11月になれば、早く「恐れを知らぬ川上音二郎一座」を観る事ができるので、
それは嬉しいのですが、
あまり早く年の瀬になられても、それはそれで困ったりなんかして…(^^ゞ

Olive☆


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月20日
俳優さんというお仕事

小林さん、皆さん、おはようございます。

お芝居のお稽古、大変な毎日だと思います。
俳優さんのお仕事が、どういう感じのものなのか今一つよくわからなかったのですが、小林さんとご縁の深い、「三谷幸喜さん」の奥様、「小林聡美さん」のエッセーを読んでいて、「わー大変なんだ!」と思った箇所がありました。
小林聡美さんには申し訳ないですが、少し引用させていただくと、

「…課題、宿題、落ち込み、反省が、次から次へと押し寄せる。
テレビドラマでは考えられないほどに、その役柄、物語を深く探っていく作業があるのである。ひぇ~っ。
しかし、これが醍醐、きっと。
ドラマだとその日撮影したシーンは、もうそれで終わり。とってしまったからには、今更反省しても後の祭りである。
ところが舞台は、その日稽古したことを次の日もやるのである。
ウチに帰ってせりふのうろ覚えなところを確認したり、台本を読み返して、ああ、これはそういう意味だったのか!と気づいたり、あ、そうそう、稽古着を洗濯して、新しいのを鞄にいれておかなくちゃ、とか、あ、アノ映画を参考にちょっと診てみよう、とか。
大げさなようだが、ワタシの場合、ほぼ一日中、舞台のことを考えずにはいられない日々なのである!…」(以上「ワタシは最高にツイている 小林聡美著」より引用)

小林聡美さんと言う女優さんが個人的にとても好きなので、エッセーを読んでいたのですが、この箇所を読んで、「すごい大変なんだ。でも、すごく楽しそう、そういう風に物を作り上げていくのは」
と、思いました。
私が引用した部分以外にも、苦笑したり、くすくす笑えたり、「そういうことって、あるある」と思える、とても面白いエッセーなので、どうぞ皆さん、続きはご購入くださいね。
小林聡美さん、本当に文章がお上手です。

今の小林さんの(隆さんのほうです)お気持ちや、生活状況に思いをはせました。

大変でしょうが、頑張ってくださいね。
俳優さんほど、みんなに夢を与えてくださるお仕事ってなかなかないと思います。

もう、一ヶ月をきったんですよね。
楽しみにしています。
急に冷え込んできましたが、小林さんはじめ、皆さん、どうぞお体ご自愛ください。
たまたま、同じ日に観劇が出来ましたならば、”Mugiさ~ん!」と声をかけていただければ嬉しいです。
(でも、わたしって今年はほとんどeventに出席していないので、多分、判らないでしょうね。くすん!)

May God bless you!

2007.10.20

Mugi


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月19日
くれぐれも ご自愛くださいませ ・・・

急に、冷え込みが 増してまいりました。

コバさん、みなさん、 体調は いかがですか?


今年の夏は、猛暑。
彼岸を過ぎて、朝晩の冷え込みも増してきています。
夏場の 疲れが、出る頃かもしれません。

稽古場の 皆さんの ご様子は いかがですか?
身体が、大切な資本の方々。
キャスト・スタッフの 皆さんの ご健康を 祈念しております。


                                ひ さ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月17日
深まってまいりました ・・・

コバさん、<稽古休み> いい静養と なったようですね。

仕事帰りに 西の空を見上げると、きれいな月が 輝いていました。
三日月から数日たった 今宵の月は、
そのまま 物語の一コマになりそうな 美しい姿でした。

これから、紅葉の季節ですね。
役づくりも 深まっていきますように。


                                ひ さ

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月17日
本当ですよ!

こんにちは、イギリスのMakです。
日野市の新選組を語る会の詳細拝見しました。
本当に(本当ですよ!)、日野市出身でありながら、残念で仕方ない思いをしています。
ま、日野市に住んでいた頃は、それほど新選組に興味があったのではないですから、
不思議な縁といえばそうなんですが。。。
主催の方は僕の兄の友達で、その弟は、僕の高校の時のサッカー部の先輩でした。
世の中狭いですよ!

小林さん、お稽古がんばってください。
こちらは、ここ2週間風邪と微熱に悩まされてます!(!マークで気合を入れてもしょうがないですが・・・)

Mak

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月17日
10月15日のダイアリーを読んで・・・(>∀<)

八木重吉だぁ~!と、嬉しくなりました。

「この人の詩は短いし
心にスーッとはいってくる。」
あぁ、本当にそんな感じですよね~。


   光

ひかりとあそびたい
わらったり
哭(な)いたり
つきとばしあったりしてあそびたい


等も好きですし、重吉が我が子(桃子ちゃんと陽二君)について書いたものも、やさしいですよね。

ひらがなを多用している所も好きです。
詩は、勿論、読んで感じるものですが、
ひらがなの曲線やまるみ、その形から受けるやさしさや柔らかさ、
目でとらえるその詩の印象と読んで受ける印象とが相まって、さらに心に沁みてくるように思います。

久しぶりに、また読んでみようかなぁ…という気持ちになりました。


「陽炎の辻」最終回、観ました。
この作品は痛快時代劇という感じではなく、とても切ないお話ですよね。
ひささんが
「心あたたまる 印象的なシーンでしたね。
あの場に 座した人々が 大切な人を思いやる、そして 互いの存在に 感謝する。
もっと もっと ずっと 見ていたい 場面でした。」
と、書いてらっしゃいましたが、その通りだと思いました。

赤木儀左衛門さん(小林さん)が、磐音さん(山本さん)の顔を、じっとみつめた後、
吉右衛門さん(渡辺さん)と並んで、ゆっくりと深々と頭を下げる姿がとても印象に残りました。

それにしても、小林さんが磐音さんに切られる役所でなくて本当によかったです。
小林さんの殺陣が観たい、という気持ちはありますが、主役に勝つ訳にはいかないですもんね。
心配していたのです。切られ役だったら、どうしようって。
私が「心配だよ~」と言う度に、母は言っていました。
「大丈夫だよ。(小林さんは)悪い事しそうな顔じゃないから」

そして、母の言っていた通り、小林さんは「いい人」でした。
母も小林さんの魅力がわかってきたのかな・・・?!
いや~、とにかくホッとしました。


「投稿広場」にバンコクの写真が並んでいるのを見て、
「あれ、Makさんってヨーロッパだけでなく、東南アジアにも行かれるんだ」
と思って見ていたら・・・・・ Makさんではなく、▽鮎△ さんでした~!
建造物などが、やはりエキゾチックですね。
それに、車が水槽になっているなんて、ビックリです。
世界は広い、という事ですねぇ。

初めての投稿という M・Kさん。
投稿広場に新しい名前が登場すると「おぉ~♪」という気持ちになります。
この後援会の「輪」は、じわじわと広がっているのでしょうか。
次第に輪が広がっていって、どんどんつながっていけたら素敵ですね~。

北海道からは、もう雪の便りもきかれるようになってきました。
この間まで、あんなに暑かったのに、もうすっかり秋です。
小林さん、皆さん、風邪などに十分お気をつけてくださいね。

Olive☆


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月16日
踏ん張りどころ ですね ・・・

コバさん、 お稽古 進んでいるようですね。

朝晩の、風が冷たくなってきました。
行き帰り、どうぞ お気をつけてください。

秋 真っ只中と なりました。
今週末は、<川越まつり> ですね。

                                ひ さ

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月15日
「新選組を語る会」 開催!

「新選組を語る会」 詳細情報をご案内します。

<開催趣旨>
近藤勇や井上源三郎等の没後140年の年にあたり、新選組隊士の子孫とゆかりの方々が一同に会合し、新選組について語り合う場としたい。更に、新選組を愛するファンの方々や全国の新選組関連団体のみなさんと懇談できる会とする。

開催日  平成19年11月11日(日) <当日スケジュール>
会 場   高幡不動尊 客殿3階(昼食会) 2階(講演会) 五重塔地下(演武)
会 費  (一般)
      資料館見学バスツアー (A)   1000円
      昼食会 (B)             3000円
      講演会 (C)             1000円
      全日(D)               5000円

<お申し込み・お問い合わせ先/事務局>
 峯岸弘行(日野新選組同好会名誉局長)
 〒191-0031 日野市高幡1-1松盛堂内 042-592-2256

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月13日
先日バンコクへ

先日バンコクへ行ってきました。

PICT0018a.jpg
【ワット・アルン(暁の寺)】

PICT0024a.jpg
石像たちが土台をしっかり支えてます。

PICT0027a.jpg
【ワット・ポー】 寝釈迦仏

PICT0093a.jpg
【ルンピニー公園】
早朝の公園は、ジョギング・ヨガ・太極拳・エアロビ など、たくさんの人たちが運動してました。
ちょうどこの日は月曜日。プミポン国王の生まれた月曜日は、月曜日のラッキーカラー
である黄色を身に着けて敬愛を表しているそうです。

PICT0101a.jpg
ふと池の方を見ると、朝食に鯉を食べているコモドドラゴン?が。

PICT0145a.jpg
【サイアム・オーシャン・ワールド】

PICT0115a.jpg
東南アジア最大規模といわれているこの水族館は、車が水槽になっていたり・・・規模
はもちろんですが、器の大きさにびっくりでした。

PICT0180a.jpg
チャオプラヤ川より


というわけで、
小林さん、これからもずっと応援してます(^^)/~~~

▽鮎△

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月12日
おつかれさまです


初めて投稿させて頂きます。
1演劇ファンとして『恐れを知らぬ川上音二郎一座』、そして
『屋上庭園/動員挿話』の再演、コバさん(と、呼ばせて頂きます)
のご活躍、今から楽しみにしています!!

                 M・K

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月12日
「 陽炎の辻 」 拝見 ・・・

木曜時代劇 「 陽炎の辻~居眠り磐音・江戸双紙 」 拝見いたしました。

私の周りの 時代劇ファンの 間でも 評判になっていた作品でした。
コバさんが、最終話に ご出演と 伝えると 皆 喜んでいました。


さて 赤木儀左衛門 さん の 登場 ・・・

心あたたまる 印象的なシーンでしたね。
あの場に 座した人々が 大切な人を思いやる、そして 互いの存在に 感謝する。

もっと もっと ずっと 見ていたい 場面でした。

    新たなる ご活躍も 楽しみにしております。


                                ひ さ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月11日
関東でBSデジタルご覧いただける方へ、急な話

再放送ですが

▼捜査一課・見当たり班 鷹子の眼
10/12 前11:35~後01:26 BSジャパン(171ch) 

がありますよ~!!


小林さんの日記に、古田さんのことが書いてあって、いつも以上にじっくり読んでしまいました。
高校のころ、巨人ファンの私とヤクルトファンの友人とで毎日野球の話で盛り上がっていたのを思い出します。
当時憎らしいほと強かったヤクルト。そのヤクルトを支え続けたのが古田さんでした。

また、次に監督として帰ってくるころには、こてんぱんにやられるのかなあ??
(ちょっぴり心配)


きっこ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月11日
もう、<立ち稽古>ですか! 

<顔寄せ>以降、ゆっくり静養できましたでしょうか?

いよいよ、本格的始動!
<本読み>は、一日で終わりですか? ハイピッチですね!

<立ち稽古>に 入ったら、
ますます ワクワクしてきそうな 感じですね。

のんびり し過ぎず 慌てずに こだわり持って ・・・。


今晩の放送、皆さん楽しみにしているようですよ。

                                ひ さ

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月08日
お稽古 再開ですね

<顔寄せ>の後の お稽古再開は、いかがだったでしょうか?

歴史通の 三谷さんが描く 小村寿太郎さん
どんな風に ストーリーが 展開され、
コバさんが どのように 演じられるのか 楽しみですね!


                                ひ さ

2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月04日
「新選組!」だぁ~!(≧▽≦)

3日の小林さんのダイアリー「ワクワク」を読んで、
思わず「『新選組!』だぁ~!」と、声に出してしまいました。

‘喜んで。‘と吉弥。←懐かしい!山崎烝さんの台詞ですよね。
‘小林隆うそを書きました‘←「井上源三郎、嘘をつきました」ですよね。

パソコンの前で、ひとりニマ~ッとしてました。
「新選組!」の出演者の皆さんが、今もずっと仲良しでいるって本当にいいですね。
一ファンとして、なんだか嬉しいです。

小林さんは、今日から「恐れを知らぬ川上音二郎一座」に向かって走り出したのですね。
飫肥にも行って、豫章館、飫肥城大手門から松尾の丸、歴史資料館、国際交流センター小村記念館、移築された寿太郎生家、藩校振徳堂、寿太郎生誕地、商家資料館などを見て歩かれたし、
小村寿太郎の銅像がある竹香園にも行き、‘小村寿太郎候の墓‘にお参りをなさったし、
青山墓地にあるお墓にもお参りなさったし、
ナット・キング・コールも聴いたし、
巨人も5年ぶりに優勝したし、
きっとスッキリとワクワクとした気持ちでお稽古に臨まれたのでしょうね。
これから年末まで、お忙しい日々の始まりですね。
どうぞお身体にお気をつけて、そして充実した毎日でありますよう祈っております。


それにしても、小林さんがダイアリーに「ナット・キング・コール」と書くと、それに答えて投稿でもポンポンポンとナット・キング・コールの話題が続いて出てくるのは、面白いですね。
確か、茨木のり子さんの詩の時もそうでしたよね。
興味深いなぁ…と思います。

sjさん、私の投稿が「花田少年史」をご覧になるきっかけになったという事で、なんかちょっぴり嬉しかったです。ちょっとばかりお役に立ててよかったです。
Mugiさん、体調はいかがですか?
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」が始まる頃には、きっとお元気になって、シアタークリエでどなたか会員と方とお会いになれますように!
makさんは、超お忙しい毎日なのですね。お身体に気をつけてくださいね。
奥様(宝泉さん)にもよろしくお伝えください。
ひささんもナット・キング・コールがお好きなのですね。
Mugiさんもmakさんもそうですが、小林さんがお好きなものを、後援会の方々もお好きだというのは、本当に面白いと思います。
さちさん、さちさんが観劇サークルで「いかに小林さんが素敵か」という事を力説されたとの事、
どんな事をお話になられたのか、ぜひぜひ知りたいです。


10月11日放送の「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」に小林さんが出演なさいますね!

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/kagerou/html_kg_story.html

楽しみですね。
時代劇で副長と共演、というだけでも何だか嬉しい私です。

Olive☆


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月04日
<顔寄せ> お疲れ様でした

コバさん、 <顔寄せ> お疲れ様でした。
ついに 始まりましたね。 調子は、いかがですか?

顔なじみの皆さん、初めて共演される方、
スタッフの方々 そして、お客さんからも
ますます 愛される役者さんと なりますように。

こだわりの強い コバさんのことです、
きっと ご自分に厳しく 臨まれることでしょうね。


寿太郎さんも 楽しみに 見ていてくださると 思います。


                                 ひ さ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月02日
ご無沙汰しております。

ご無沙汰しております。
いつもご連絡お便りありがとうございます。
このところ本当に諸事に追われてバタバタと過ごしておりました。
渋谷の舞台に通った日々が夢の様です。
気がついたら街は秋になっていました。街路樹も少しずつ染まりはじめ、ななかまども赤く実をつけ、地元ではもう定番の光景である胡桃を地面に置いて車に割わせるカラスなども見れます(笑)。
忙しい中でも、小林さんのダイヤリー、みなさんの投稿は必ず読ませていただいています。
先日は花田少年史が地上波で流れましたね、見たことがあるにもかかわらず、運動会のシーンでは涙してしまいました。
いいんですよね~あの時の小林さんの表情がなんともいえず、何度見ても大好きです。

「恐れをしらぬ~」のチケットが手元に届き、いよいよ12月の飛行機を予約するぞ!と、もうそれを楽しみに忙しさに負けないように過ごすつもりです。

今年は地元の観劇サークルにも参加することにしたのですが、入会の理由、好きな役者さんは?と聞かれ、「小林隆さんです!」と答えたら「それは渋いですねぇ」と言われてしまいました(苦笑)。
そこで、いかに小林さんが素敵かつい力説してしまい。
「あ、小林さんのファンの人ね」とすっかり覚えられてしまう私でした。
このサークルは年間に何本かを自分たちで選んで、招待し企画や運営をしているそうで、いつか!小林さんの舞台を地元に!と願う私としては、これからも「小林隆を宜しくお願いします!」と宣伝していくつもりです。

スクリーンで、舞台でまた小林さんに会えるまで毎日コツコツがんばります。みなさんの熱~い小林さんへの思いにいつも元気づけられている私です。


さち



2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月02日
*** Star dust ***

ナット・キング・コール ・・・ ベルベット・ヴォイス 、いいですね。


何年か前に、
ナット・キング・コール の 生涯を 扱った ミュージカルが 来日公演しました。

作品の中でも、役者さんが 有名な ナンバーを歌って ストーリーが進行していました。


私は、「スターダスト」が 好きです。 これから 夜空の星も 輝いていきますね。

「ラヴ・レターズ」 「恋に落ちた時 」
 「 トゥー・ヤング 」 「 アンフォゲッタブル 」
もちろん 「モナリザ」 「ルート66 」 
・・・ いくらでも、お気に入りの曲が 出てきますね。

魅力される 彼の声ですが、でも、ひとつだけ真似しないでくださいね、コバさん。
彼は、相当の ヘビー・スモーカーだったようです。

喉は デリケートな器官です。
コバさんは、常日頃から 気をつけておいでですよね?


                                   ひ さ


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
2007年10月02日
お元気ですか。

お久しぶりです。
イギリスのmakです。

小林さんのサイトはちょくちょく見に行っていますが、なかなか、落ち着いてメールする時間なくご無沙汰しています。
小林さんは10月になると舞台稽古も始まるのでしょうか。舞台は楽しみですね。私は、皆さんからの情報だけですが・・・

日本はやっと涼しくなってきたとか。
こちらは、既に14-5度の毎日になっています。夜は暖房が入らないと寒いです。
私のほうは、相変わらず貧乏暇なしで、飛びまわされてます。
先々週ハンガリーのブタペスト郊外に仕事で行ったときには、気温26度と快適だったのですが、
先週再訪問時(仕事上のトラブルで泣く泣く・・・・)は20度。
この時期は、出張前の天気予報・気温チェックは欠かせません。
観光の時間でもあればいいのですが、空港・お客さん・ホテル(郊外)の移動だけで、悲しいかなブダペストってどんな街?といった感じです。

小林さんは、Nat King Cole聴いてるんですね。
久しぶりにCDラックの奥から私も出してみました。仕事の移動中に聞いてます。

話しは変わりますが、今日からイギリスでのガソリンの料金が一律に3円程度上がり、終にディーゼルは
240円近くに!
日本の無鉛が、220円くらいです。車族には苦しい未来が待ってます・・・・

mak


2007年11月 2007年10月 2007年09月 2007年08月 2007年07月 2007年06月 2007年05月 2007年04月 2007年03月 2007年02月 2007年01月 2006年12月 2006年11月 2006年10月 2006年09月 2006年08月 2006年07月 2006年06月 2006年05月 2006年04月 2006年03月 2006年02月 2006年01月 2005年12月 2005年11月 2005年10月 2005年09月 2005年08月  ページのトップ
  トップページ ダイアリー メモリーズ インフォメーション 投稿広場 プロフィール
本サイトの掲載記事および掲載写真の複製、転載、放送等を禁じます。
Copyright (C)kobasanjp. All Rights Reserved.